コラム

2020米大統領選でトランプに挑むのは誰か──最初の民主党討論会から占う

2019年07月10日(水)16時40分

そして最後に、意外なダークホースがいる。筆者がひそかに応援している男、ピート・ブーティジェッジだ。中西部インディアナ州の小都市サウスベンドの市長にすぎないが、パフォーマンスは安定している(第1回討論会でも、受け狙いの無理な演技はしなかった)。市政の失敗を潔く認めた(政界ではめったにないことだ)のも好感が持てる。今後の討論会でもこの真摯な姿勢を貫けば、支持率はぐんと上がるかもしれない。

現時点の世論調査で、トップ集団の4人から大きく引き離されているのは事実だが、それでも5位につけている。経歴勝負のバイデンはいずれ自滅する可能性があり、その場合はバイデン支持層の多くがブーティジェッジに流れそうだ。

しかも彼の陣営は、この3カ月で2500万ドルもの選挙資金を調達したという。本当だとすれば、本気で彼に、文字どおり賭けている人が多いということだ。先は見通せないが、まだまだ彼は侮れない。

いずれにせよ先は長い。正式な候補を決める党大会は来年の夏で、それまでは過酷な消耗戦が続く。そうであれば、すねに傷を持たない若手が有利だろう。つまりハリスとブーティジェッジにアドバンテージあり。先は長いのだ。

<本誌2019年7月16日号掲載>

20190716issue_cover200.jpg
※7月16日号(7月9日発売)は、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたい――そんなあなたに贈る「とっておきの世界旅50選」特集。知られざるイタリアの名所から、エコで豪華なホテル、冒険の秘境旅、沈船ダイビング、NY書店めぐり、ゾウを愛でるツアー、おいしい市場マップまで。「外国人の東京パーフェクトガイド」も収録。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 5

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 6

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 7

    ビットコインはこうしてビットコインになった......…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    「合意なき離脱」ならイギリスは食料不足に見舞われる

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!