コラム

トランプの命運を握るのは、米議会選より州知事選

2018年11月03日(土)13時40分
トランプの命運を握るのは、米議会選より州知事選

フロリダ州知事選で民主党のギラムが勝てばトランプには大きな痛手に Wilfredo Lee-REUTERS

<中間選挙で米議会の構成が変わっても弾劾罷免はあり得ない......2年後の大統領選に影響する州知事選のほうが重要だ>

11月6日の中間選挙を前に、メディアは議会選の情勢分析に忙しい。もし民主党が下院の過半数を獲得すれば、トランプ大統領が早々に弾劾訴追される可能性もある(最終的に大統領を罷免するには、さらに上院で3分の2以上の賛成が必要)。

しかし、トランプの政治的運命を予測したければ、議会選と同時に行われる州知事選に注目したほうがいい。今回は50州中36州で知事選が行われる。州知事選の結果から、いくつかの重要なことが見えてくる。

1つは、激戦州の行政トップの選挙戦でトランプ人気がどの程度有効かという点だ。トランプが2年後の大統領選で再選を果たすためには、フロリダ州とジョージア州での勝利が欠かせない。知事選の結果は、20年の大統領選でトランプの得票を占う材料になるだろう。

フロリダ州知事選では、同州初の黒人知事を目指す民主党のアンドリュー・ギラムが、トランプ支持を前面に押し出す共和党のロン・デサンティスをリードしている。伝統的に共和党が強いジョージア州では、民主党のステイシー・エイブラムスが優勢だ。エイブラムスが勝った場合は、アメリカで初の黒人女性知事が誕生する。

この2つの州で民主党候補が当選すれば、トランプにとってはかなり悪いニュースだ。

民主党は結束できるか

今回の州知事選は、20年に民主党が一致結束してホワイトハウス奪還を目指せるかを予測する手掛かりにもなる。

20年の大統領選では、ロシア疑惑捜査の展開次第という側面もあるが、現時点ではトランプが再選される可能性のほうが高いとみられている。民主党が一枚岩になれないという見方が強いこともその一因だ。

前回の大統領選では、この問題が民主党を苦しめた。予備選でクリントン元国務長官とサンダース上院議員が激しくぶつかり合い、クリントンが党の大統領候補に決まった後も亀裂が修復されなかった。サンダースの支持者は、本選挙でクリントンに投票しないケースもあった。

しかし、ミシガン州知事選の動向を見るかぎり、16年の二の舞いは避けられるかもしれない。今年8月の同州知事選の民主党予備選では、サンダース流の選挙戦を展開したムスリム系のアブドル・エルサイードが、クリントン流の主張を掲げるグレッチェン・ウィトマーを激しく攻撃した。しかし、ウィトマーの勝利が決まると、エルサイードは直ちに支持を表明した(公正のために情報を開示しておこう。エルサイードは私の友人の1人だ)。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

米ウォルマート、8─10月も米既存売上高が予想上振

ワールド

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

ビジネス

イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ

ワールド

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!