コラム

未婚女性やバーニングマン......決して一線は越えない「普通の人」たち

2020年03月13日(金)12時10分

From Dina Litovsky @dina_litovsky

<女性版バチェラー・パーティーで羽目を外す女性や、ネバダ州の砂漠地帯で行われる祭典に集う人々を撮るディナ・リトフスキー。インターアクション(交流)を写真に収め、女性のアイデンティティを探求しようとしている>

今回紹介するInstagramフォトグラファーは、ウクライナで生まれ、ローティーンの時にニューヨークに移り住んだディナ・リトフスキーだ。41歳の女性写真家である。

写真家として歩み出したのは、かなり遅い。ニューヨーク大学での専攻は心理学だった。だが、当初夢を抱いていた精神科医は自分に合わないと、卒業後、写真に興味を持ち始める。その後、数年を経てからニューヨークの芸術大学、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(修士課程)に入学し、写真を本格的に修めた。

ドキュメンタリー写真家である。作品のモチーフは、ほぼ常に一貫している。それがパブリックなものであろうがプライベートなものであろうが、人々のさまざまなインターアクション(交流)の中で行われる社会的なパフォーマンスだ。とりわけ、サブカルチャー・シーンに興味があるという。

そうしたものを通して、しばしば強烈なフラッシュを多用し、被写体とそのシーンを自身のスタイルでさらに誇張しながら、社会心理学的に探求しているのである。

それは、リトフスキーが大学時代に学ぼうとしていたものと基本的に同じかもしれないが、写真を撮ることは、彼女自身が興味を抱いていた世界へより早く通じることになり、より物事の核に迫ることができるのだという。

リトフスキーの長期プロジェクト「Bachelorette(バチェロレット:未婚女性)」は、彼女の写真家としてのアイデンティティを代表するシリーズの1つだろう。結婚を間近に控える女性たちの宴を通して、現代の女性たちの行動、心理を切り取ったものである。

ただ、現代社会が、とりわけ男性社会が今もイメージする典型的な女性像ではない。男性のバチェラー・パーティーのそれに近い。結婚で今後オープンな自由恋愛ができなくなるという現実を踏まえ、酒にどっぷり酔い、SMパフォーマンスやセックストイなどを取り入れたりして、思いっきり羽目を外しいるのだ。

一見、特別な人の特殊なパーティーに思えるが、ここ10年ほど、アメリカの至るところでお目にかかれるようになってきた光景である。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story