コラム

72歳、リチャード・サンドラーがインスタグラムに上げる未発表作品

2018年12月14日(金)16時00分
72歳、リチャード・サンドラーがインスタグラムに上げる未発表作品

From Richard Sandler @ohstop1946

<著名な受賞歴のある大ベテランのストリートフォトグラファーは、過去の名前だけで生きているのではない>

今回紹介するフォトグラファーは、リチャード・サンドラー。ニューヨークで生まれ育った、72歳の大ベテランである。アーティストと言ったほうがいいだろう。

写真だけでなく、映像も手掛けている。その作品はグッゲンハイム記念財団(映像部門)やニューヨーク・アート財団(写真部門)などで著名なアワードを受賞し、アメリカのさまざまな美術館において永久保存されている。

サンドラーの作品で多大な評価を得ているのは、80年代~90年代にニューヨークで撮影したものが多い。実際、彼がインスタグラムにアップしている作品もその年代のものが大半だ。そしてその理由から、彼をこのブログで取り上げることをためらってきた。

著名な作家だとしても、すでに世に知られた作品だけを発表していれば、単に過去の名前だけで生きています、になってしまう。無論、アーカイブとしてはそれもありだが、現在進行形が大きなポイントになっているインスタグラムでは、それだけでは面白くない。だが彼の場合、そんなケースには単純に当てはまらない。

まず、ここ1~2年、彼がインスタグラムで発表している写真は、大半が未発表のものなのだ。加えて、彼にとっての写真作品とは(その作品は実質上すべてフィルムで撮られたものだが)プリントして初めて完成するもの。つまり、インスタグラム上の作品は、ここ最近完成したものなのである。

もう1つ、彼の作品をいま紹介したい大きな理由がある。写真は、ある種の生き物だ。過去に撮ったものが、時代と共に新たな価値や魅力を付加することがしばしばある。とりわけ、未発表の優れた作品ならなおさらだ――(もちろん、逆もあり得るが)。

サンドラーの作品は、基本的に白黒写真によるストリートフォトグラフィーである。その写真哲学は、このジャンルの手法としてしばしば理想的王道と見なされるcandid、つまり、あるがままの姿で、街とそれに絡みつく被写体を切り取ることを旨としている。実際、人物が被写体の場合でも、ストリートでは声を掛けてから撮るようなことはしないという。

フラッッシュも多用する。最初はニューヨークの街角、とりわけ冬は光が足りないためにフラッシュを使い始めたのだが、そのスローシャッターとシンクロ撮影が作り出すゴースト(幽霊)的な効果の魅力にはまり、多用するようになったという。それもしばしば、至近距離の人物に向かって。

こうしたストリート撮影は、簡単にできることではない。まして、80年代、90年代前半のニューヨークは極めて治安が悪かった。ひとつ間違えば、大きな犯罪に巻き込まれたり大怪我をしたりしてしまう。

だがサンドラーは、子供の頃から小遣い稼ぎに地下鉄などでドゥーワップ (doo-wop、合唱のスタイルの1種) をやっていたこともあり、いかにストリートでディールする(取引する)かを身につけてきたらしい。せいぜい数回殴られただけだ、と彼は言う。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

ホンダと日産、中国の一部工場で再開延期 新型ウイル

ワールド

タイ憲法裁、反軍政の新未来党に解散命令

ワールド

東南アジア経済、新型ウイルスの影響は短期的=中国駐

ワールド

中国、米国の65製品を追加関税対象から除外 28日

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 3

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 4

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 7

    全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

  • 10

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 10

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!