コラム

【動画】生き物のような耽美的空間 ダンスそのものを超えようとする映像作家

2018年06月20日(水)11時00分
【動画】生き物のような耽美的空間 ダンスそのものを超えようとする映像作家

From Angelo Vasta @angelo_vasta

<コリオグラファー(振付師)でない写真家や映像作家がつくり出すダンスの作品は、表面的になりがち。かつてダンサーを夢見たアンジェロ・ヴァスタの作品は、何が違うのか>

スポーツとダンスは、写真家や映像作家にとって最も酷な、あるいは難しい撮影ジャンルであるかもしれない。なぜなら、作品がつくり出すその世界の最も魅力的な部分は、被写体、つまりアスリートやダンサーたちの才能と能力に左右されるからだ。

もちろん、舞台裏のフィーチャーものやシーンの組み合わせ方によって、作り手側が独自の世界をつくり出すことは大いに可能だ。しかし、それはあくまでもセカンドストーリーなのである。

とりわけ、後者のダンスはそうだろう。写真家や映像作家が求める作品のビジュアル性の先にあるかもしれない世界には、通常すでにコリオグラファー(振付師)の世界観が存在している。そして、コリオグラファーでない写真家や映像作家がつくり出す、ダンスそのものを基軸とした作品は、いかに美しい、力強いものだとしても、大半が表面的で、単なる作品紹介の域を出ないもので終わってしまいがちなのである。

今回取り上げるのは、そんなダンスをテーマとし、その限界を越えようとしている映像作家だ。イタリアの地方で生まれ育ち、ダンサーを夢見ていたが、その後23歳になってニューヨークに渡り、映像を学んだ30歳のアンジェロ・ヴァスタである。

ヴァスタの作品の最大の魅力の1つは、彼自身がコリオグラファー的要素を兼ね備えていることだ。単に1つの空間でダンサーたちの美や動きを完全にコントロールしようとし、魅力を引き出そうとしているのではない。その都度、垣間見られるであろうシーンごとの演出的要素を組み合わせながら、空間そのものを1つの生き物のように捉えているのである。見る者は時として、舞台にいるような感覚、いやその生き物に同化しているような錯覚にさえ陥るのである。

むろん、ヴァスタはコリオグラファーではない。それについて学んだこともないと言う。また、ダンスも本格的に行っていたわけではない。

Angelo Vastaさん(@angelo_vasta)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

NATOは欧州防衛に不可欠=マティス米国防長官

ワールド

ブラジル次期大統領、健康上の理由でG20首脳会議欠

ワールド

米上院、サウジ支援停止法案採決の可能性 イエメン内

ビジネス

焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!