コラム

ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

2016年09月28日(水)16時56分
ビーチ・ライフがアイデンティティ形成に果たす役割

From Natalie Grono @nataliegrono

<オーストラリア最東端の街バイロンベイで、自らの娘を含む子供たちを撮るナタリー・グローノ。子供にとってビーチは「大自然にゆだねられたプレイグラウンド」であり、彼らと一緒に時を過ごすことは「魔法の世界へ招待されたようなもの」と彼女は言う>

 広大な大陸国家でありながら、その人口の圧倒的大多数が海岸線周辺に住むオーストラリアでは、ビーチ・ライフ、あるいはオーシャン・ライフは、ある種の宗教にも近い意味合いを持つ。人格形成にさえ大きな役割を果たしている。

 今回紹介するのは、そうしたオーストラリアのビーチ・ライフ・コミュニティを大陸最東端の街バイロンベイで、6歳と4歳になる自らの娘2人、あるいは他の子供たちを通してドキュメントしているナタリー・グローノだ。大学ではジャーナリズムを学び、その後、写真が本質的に持つ物語性の特質を知って、たちまち写真に恋をしてしまったという39歳の母親である。

 グローナはこう語る。子供にとってビーチは、大自然にゆだねられたプレイグラウンドだ。嵐が頭上を過ぎ去ったかと思えば、鳥が舞い、波が打ち砕かれ、人魚さえ現れる気がする。独創的な遊び場であるだけでなく、それを通して大自然の美しさと脅威を学びながら、自然との関係性を築きあげていく。かつて私もそうした世界を頻繁に訪れていたが、長女の誕生とともにもう一度この世界に戻りはじめた。ほぼ毎日、子どもたちと一緒に行事のようにビーチを訪れ、時代と共に変わりゆく様を、あるいは文字どおり一瞬に変貌する自然の驚嘆の様を感じ取りたい、と。

【参考記事】世界報道写真入賞作「ささやくクジラたち」を撮った人類学者

Little tree climbers #bw #childhood #family #camping #australianlife #everydayaustralia #byron #australia #outdoors

Natalie Gronoさん(@nataliegrono)が投稿した写真 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 5

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 6

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 7

    ビットコインはこうしてビットコインになった......…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    「合意なき離脱」ならイギリスは食料不足に見舞われる

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!