コラム

ニューハンプシャー州予備選敗北で、ヘイリーが仕掛ける一発逆転策とは?

2024年01月24日(水)14時30分
ニッキー・ヘイリー

ヘイリーにはまだ地元サウスカロライナ州の予備選が残っている Jasper Colt/USA TODAY NETWORK/REUTERS

<米政界やメディアは、トランプ対バイデンの本選がほぼ確実になったと見ているが......>

大統領選へ向けた共和党の予備選は、今月15日に行われた第1回のアイオワ州党員集会でトランプ候補が50%を超える支持を獲得、2位のデサンティス候補は21%、3位のヘイリー候補は19%としていました。そして今回、現地時間23日にニューハンプシャー州で予備選が行われました。

その直前、21日の日曜には、アイオワで2位だったデサンティスが突然、選挙戦からの撤退とトランプ支持を表明しました。タイミングとしては急でしたが、そもそもデサンティスのニューハンプシャーでの支持率は7%と低迷していましたから、ある意味で想定内と言えます。


デサンティスは、28年の大統領選にターゲットを変え、今回はトランプを支持することで、トランプ票の継承を狙っているのだと考えられます。また、アイオワではトランプに大差で敗れたものの、4年後も予備選の最初に来るであろうアイオワで十分に知名度を浸透させたということでは、種まきとして成功だったと見ているようです。

いずれにしても、ニューハンプシャー予備選は、勢いに乗るトランプに対して、共和党内の最後の砦とも言えるニッキー・ヘイリーがどこまで善戦するかが大きな焦点となっていました。構図としては一騎打ちですが、仮にヘイリーが失速すれば、予備選はゲームオーバーになりかねません。

ヘイリーは高らかに選挙戦「継続」を宣言

この後のネバダ州、地元でありながら保守派の多いサウスカロライナ州で踏みとどまって3月5日の「スーパー・チューズデー」の決戦に持ち込むのが、ヘイリー陣営の戦略でした。ですが、現地の午後8時から本格的に開票が始まると、トランプがどんどん票を伸ばし、各地で55%対45%という差になっていきました。

そして現地8時半ごろ、全州の16%程度の票が開いた時点で、CNNなど各メディアは一斉に「トランプ勝利」の判定を出したのでした。興味深いのは、その直後、CNNがトランプに当確を打った数秒後にヘイリーが選対本部で演説を始めたのです。

ヘイリーは、ニューハンプシャー州への感謝、選挙戦を支えてくれた家族への謝辞を口にし始めました。会場はシーンと静まり返り、これは「コンセッション・スピーチ(敗北宣言)」ではと誰もが思った直後に、ヘイリーは高らかに「選挙戦の継続」を宣言したのです。とにかく自分の地元サウスカロライナをはじめ「多くの州が待っている」なかで、「ラスト・ファイター(最後の闘士)」として戦い続けるというのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story