最新記事

アメリカ政治

トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッキー・ヘイリー

NIKKI HALEY'S BIG CHANCE

2021年3月5日(金)18時00分
ビル・パウエル(本誌記者)

トランプ的な政策を推進しつつ、実務家として有能なヘイリーに期待が集まる PHOTO ILLUSTRATION BY GLUEKIT; ALBIN LOHR-JONESーPACIFIC PRESSーLIGHTROCKET/GETTY IMAGES

<議事堂襲撃事件でトランプへの求心力は急落、ヘイリーは「2024年」を制するのか?>

ニッキー・ヘイリーはドナルド・トランプに忠実だった。国連大使を務めたが、あの男と仲たがいすることなくホワイトハウスを去った。トランプ政権で稀有な例だ。娘婿で最側近だったジャレッド・クシュナーも言っていた。彼女が戻ってくるならいつでも大歓迎だと。

しかし1月のあの出来事でヘイリーは心変わりしたらしい。FOXニュースの番組に出演した彼女は昨秋の大統領選について、およそ非トランプ的な見解を披露している。

「たくさんの女性、たくさんの大卒者に見放された。私は彼らを取り戻し、党の裾野を広げたい」。彼女はそう言った。「1月6日はひどかったし、選挙後の大統領の行動は、褒められたものじゃなかった。それが残念。なぜならトランプ政権の成果は誇らしいものだと、私は本気で信じているから」

これを聞いて、共和党内部には激震が走った。2024年の大統領選には自分が立つと宣言したに等しいからだ。ヘイリーは礼儀正しくトランプ政権の業績をたたえたが、あの男からは距離を置いた。そこが次期大統領の座を(ひそかに)狙う他の男たち(テキサス州のテッド・クルーズやフロリダ州のマルコ・ルビオら)とは違う。匿名で取材に応じたトランプ陣営の元幹部によれば、そのときトランプの取り巻き連中は「頭から火を噴いた」そうだ。

襲撃事件で勢力図が一変

サウスカロライナ州知事を2期務めたヘイリーは、明確に企業寄りで典型的な共和党政治家だが、選挙では女性や大卒有権者からも広く支持された。口に出してこそ言わなかったが、彼女は確信している。トランプ(の亜流)では女性や大卒者の支持を取り戻せないが、自分ならできると。新副大統領のカマラ・ハリス(順当にいけば民主党の次期大統領候補となる可能性が高い)と同じインド系の女性という点も、選挙戦では有利に働くだろう。

彼女が示唆したとおり、1月6日の連邦議会議事堂襲撃事件で共和党内の勢力図は一変した。あの日までは、昨秋の大統領選で共和党候補者として史上最多の7400万票を獲得したトランプこそが次の大統領選でも最有力候補と目されていた。彼が出ないとすれば、後継者は長男のドナルド・トランプJr.かテキサス州選出上院議員のクルーズ。そんな空気だったが、あの日を境にトランプの政治的な求心力は一気に低下した。2度目の弾劾裁判でも無罪にしてもらえたが、以前ほどの影響力を回復するのは難しい。

トランプJr.の野心にはみんな気付いている。2016年の選挙戦中から、彼は集会にもテレビにも出まくり、SNSでも活発にメッセージを発信していた。ひたすら父親を守り、批判派を攻撃することに徹してきた。支持者の心をつかむ術にたけているし、それを楽しんでいるようにも見えた。政治経験はないが、そのことは父親のときと同様、むしろプラスになるはずだ。

そして1月下旬の時点でも、共和党支持者に限ればドナルド・トランプの支持率は落ちていなかった。NBCの調査で、共和党員の87%は大統領時代のトランプの仕事ぶりを評価すると答えていた。

ニュース速報

ビジネス

米、「為替操作国」指定ゼロ 日中韓など11カ国を監

ワールド

中国、日米共同声明に断固反対 台湾や香港は国内問題

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 6

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月