コラム

動き出した2024年米大統領選、現時点での情勢は?

2023年02月22日(水)16時15分

バイデンは20日、ウクライナの首都キーウを電撃訪問した Ukrainian Presidential Press Service/Handout/REUTERS

<世代交代が進む共和党に対して、高齢のバイデンが民主党のリスク要因に>

昨年11月に中間選挙が終わった時点では、アメリカの政局は一種の膠着状態でした。まず、中間選挙の前のタイミングで2024年大統領選への立候補を表明していたドナルド・トランプは、中間選挙で自分が推した候補の結果が思わしくなく、その存在感は低下していました。

一方で、バイデン大統領率いる民主党は、直前の予想を覆す善戦を見せました。そこで、民主党内に出ていた「選挙で大敗したら、バイデン下ろし」という動きは一旦消えました。バイデンに関しては、その後に「機密書類の不法保持」という疑惑が出て立場が危なくなりましたが、政敵である共和党のペンス前副大統領にも同様の疑惑が出たことで、スキャンダルが帳消しになっています。

その後のバイデンは、猛烈な勢いで精力的に動き始めました。2月7日の一般教書演説は、80分近いエネルギッシュなものでしたし、演説に浴びせられたヤジなどへの対処も完璧で、政治家バイデンの集大成というべき仕上がりでした。また、2月20日には数名の側近と記者のみを連れて、秘密裏に鉄道ルートでウクライナの首都キーウを電撃訪問するという「はなれわざ」をやってのけています。

まるで、3月に入ったら再選へ向けての出馬宣言をしそうな勢いですし、もしかすると本当に宣言するかもしれません。ただ、ここへ来て政権の周辺では、ハリス副大統領も存在感を見せています。2月18日には、ドイツのミュンヘンで行われた安全保障会議に出席して、ロシアの「人道に対する罪」を非難したシーンは、地上波の3大ネットワークで何度も取り上げられていました。

出馬表明したニッキー・ヘイリー

一方で、共和党の側でも動きが激しくなってきました。まず、2月14日にはトランプ政権で国連大使を務め、その前はサウス・カロライナ州の知事であったニッキー・ヘイリーが正式に大統領選への出馬表明を行いました。インタビューでは、猛烈な勢いで「バイデンのウクライナに対する弾薬提供が遅い」と罵倒するという、「いつものヘイリー節」を展開していました。

どういうことかというと、共和党ではヘイリーの前に出馬表明しているのはトランプだけであり、この時点での立候補ということは、トランプへの挑戦になります。ですが、ヘイリーは「トランプ批判は絶対にしない」のです。しかし、発言をよく聞くと「ウクライナにはもっと早く弾薬を提供せよ」と言っているわけで、これはプーチンに操られてウクライナを罵倒しているトランプに対しては、極めて鋭角的に対立する姿勢に他なりません。

ですが、その「共和党の保守本流+やや軍事タカ派寄り」という立場を、「トランプ批判」をしないで宣言するというのが、いかにも「ヘイリー流」というわけです。国連大使の時もそうでした。トランプがいない場所では平然と「NATOの結束」や「アサド独裁政権への批判」を展開しつつ、トランプと一緒のときは「適当に発言の辻褄を合わせる」という「ウルトラC」を続けていたのが彼女です。

ですが、さすがにトランプの外交方針には「ついていけなく」なると、国連大使を辞任したわけですが、その際にもわざわざフロリダのトランプ邸に乗り込んでいって、「円満退社」を演出、お人好しのトランプは「ごまかされた」感じになっていたのでした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

税務担当者の苦労、申し訳ない気もする=政治資金問題

ビジネス

中国の銀行、「ホワイトリスト」事業に170億ドルの

ビジネス

トヨタ春闘、初回で回答せず 労組は最高水準賃上げ要

ワールド

インドネシア大統領選、敗北2候補が不正主張 議会に
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story