コラム

バカバカし過ぎて正気を疑うトランプの選挙キャンペーン

2022年11月24日(木)16時00分

実際に11月15日に出馬宣言をした直後には「出馬にあたって支持者へのパーソナルなビデオメッセージ」があるというレターが送られました。そのビデオメッセージは、「献金をした人だけ閲覧可」と表示されていましたが、実際はリンクを押すと献金しないでも動画は閲覧できるという「不思議な仕様」になっていました。

不思議な献金メールということでは、従来からトランプ支持者には「あなたはゴールド会員になりました」というフィッシングのようなメールが来ていました。どういうことかと思って内容を見ると、そのメールを受信した人は「ゴールド会員特典」があるというのです。特典というのは何かというと、献金額が「倍になる」というのです。

どういうことかというと、このメールを受け取った「ゴールド会員」は、例えば100ドル払うと、倍の200ドルを払ったことになり、献金者表彰リストには200ドルの献金として表示される「名誉」が与えられるというのです。

驚いたのは、今回の大統領選出馬にあたっては、今度は「1300%キャンペーン」というメールが飛び交ったのです。これも同じことで、「出馬を記念して、今なら献金額に13倍のボーナスが付く」というのです。つまり、100ドル献金すると、それが1400ドルに化けて、1400ドル献金したとして表彰されるというのです。

常識を超えた世界観

バカバカしくて頭がクラクラしますが、何度も同じようなメールが発信されているということは、全く効果がないわけではなく、この種のキャンペーンに反応する有権者はゼロではないと考えられます。多くの支持者は冗談と受け止めつつ、ゲーム感覚で参加しているのでしょうが、もしかしたら素朴に「今ならお得」だと思って払う人もいるのかもしれません。だとしたら、とにかく頭がクラクラするような話です。

もう少し「マシ」なキャンペーンとして、献金するとグッズがもらえるというのもあり、今だと一口35ドル払うと、トランプの顔写真を一杯印刷した「ギフト用の包装紙」が一巻き貰えるのだそうです。そのメールは、発信者が息子のジュニアになっており、「オヤジの顔がたくさんプリントされた包装紙」を必死になって売っていました。

とにかく、メーリングリストに対しては、メッセージらしいものとしては民主党への罵詈雑言だけで政策論はなし。その上で、これでもか、これでもかと献金を募って来るわけです。献金を必死に募るということでは、民主党側も同じであり、現在でも時にはオバマやヒラリーの名義で、あるいはバイデン大統領の名義での献金要請メールは飛び交っています。

ですが、そんな中でトランプの「1300%キャンペーン」というのは、やはりユニークです。本当にお人好しの人を騙すためにやっているのか、それともこの種の「漫談」に付き合うのがトランプ派のカルチャーなのかは分かりません。ですが、常識のある人には、どう考えても理解の難しい世界であることは間違いありません。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬…

  • 7

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 10

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中