コラム

感染終息が見えてきたニューヨーク、最後の難題は治安悪化

2021年06月16日(水)13時40分

治安回復を訴えて支持を伸ばす民主党のエリック・アダムス候補 Brendan McDermid-REUTERS

<ワクチン接種率の向上で、ニューヨーク州全体ではほぼ「ノーマル」な経済活動が可能になったが>

ニューヨーク市は全米の中でも、新型コロナウイルスの感染拡大による被害が最も深刻な地域でした。2020年2月に最初の患者が出て以来、現在まで陽性者の累計は約78万人に達しています。死者については、公式数字だけでなく、いわゆる推定死を含めると3万3000人という極めて深刻な数字となっています。

これは人口10万人あたり392人という絶望的な数字であり、東京(死者2143、10万人あたり16人)の約24倍です。経済への影響も甚大です。マンハッタン島内のほぼ100%のオフィスワークがテレワークとなり、多くの人口が流出しました。

またブロードウェイなどの音楽や演劇も完全に停止状態となり、国内外からの観光客も一時は皆無となっていました。劇場街やオフィス街を中心に、飲食店への影響も甚大であり、最悪期には約1000店が閉店して、業界全体で50%の雇用が失われたと言われています。

ですが、ここへ来て状況は大きく好転しました。ワクチンの接種完了率(2回接種のワクチンの場合は2回完了)が成人の60%に迫る中で、死者ゼロの日も出てきたのです。そんな中で、この6月15日には、ニューヨーク州全体として、感染対策の「正常化」が発表されました。レストランや小売店、イベントなどでは、ワクチン接種者はマスク着用を義務付けず、ほぼ「ノーマル」な経済活動が可能になったのです。

さらに、ニューヨーク市としては、「正常化」をアピールするために、7月上旬には医療従事者など「コロナのヒーロー」を顕彰するパレードを、また8月にはセントラルパークでの「メガ・コンサート」を企画しています。そして、9月からは、ブロードウェイのミュージカルも、METのオペラも正常化させるとしています。

銃撃事件が激増

ですが、最後に1つ頭の痛い問題が残っています。それは、ニューヨークの治安が回復していないという点です。コロナ禍で荒廃し人影の消えた街を背景に、2020年からニューヨークではランダムな銃撃事件が激増しました。2021年に入ると、アジア系へのヘイト犯罪が増えましたが、銃撃事件の件数もさらに増えています。

そんな中で、2021年5月8日には、市の中心というべきタイムズ・スクエアで銃撃事件が発生し、幼児を含む州外の観光客など4人が負傷し全市に衝撃を与えました。ランダムな銃撃に関しては、現在でも週末を中心に発生しています。

また、この5月末からマンハッタン南部のワシントン・スクエア・パークで、週末になると多くの群衆が集まって麻薬や酒の狂宴を繰り広げ、警官隊と対決するという問題が起きています。この地域は、グリニッジ・ビレッジといって若者の文化活動の中心ですが、コミュニティーの大きな構成員であるニューヨーク大学の学生、関係者がコロナ禍のために不在になっており、その真空地帯が無秩序な群衆を吸引しているのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

独、9月にワクチン追加接種開始 ファイザーとモデル

ビジネス

米ISM製造業景気指数、7月は59.5 2カ月連続

ビジネス

米、ロシアに外交官24人の国外退去要請=アントノフ

ワールド

EU、ベラルーシ非難 五輪代表強制帰国は「容赦ない

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中