コラム

麻薬王エル・チャポが、メキシコからアメリカに移送されて有罪判決を受けた理由

2019年02月14日(木)15時00分

裁判を通じて、JGLの複雑な女性関係が明らかになったほか、麻薬の密輸に使用された潜水艦隊が明るみに出たり、その艦隊と米海兵隊が何度も銃撃戦を演じたことが分かるなど、とにかく唖然とする内容の連続でした。また、ダイヤモンドを一面に散りばめたグリップにJGLというイニシャルを埋め込んだハンドガンも提出され、資金力の証拠とされたというニュースも報じられています。

裁判を通じて確認されたのは、JGLとその組織シナロア・カルテルは、国境を越えてアメリカに麻薬を持ち込む際には、壁のない地帯などを違法越境することはなく、基本的には自動車などで税関を突破しているということです。つまり、トランプ大統領の言う「壁」を建設すれば「麻薬をシャットアウトできる」という論理は正しくないというわけです。

この「エル・チャポ」ことJGLですが、死刑は適用されないことになっています。実際は、自身が直接手を下したもの、あるいは部下に命令して行ったものなど全部で、2000~3000人を殺害しているという容疑もあるのですが、オバマ政権に身柄を引き渡すにあたってメキシコ政府は「メキシコは死刑を廃止しているので、アメリカで裁く際に死刑は適用しないで欲しい」という条件をつけており、アメリカはこれを受け入れているからです。

現時点で量刑は決まっていませんが、終身刑、しかも釈放の可能性は一切ないという条件付きの終身刑になる公算が大きいと報じられています。その場合は、コロラド州にあり、俗に「スーパーマックス」と呼ばれているアメリカで最も警備の厳しい刑務所に服役することになりそうです。

この「スーパーマックス」には、連続爆弾犯「ユナボマー」や、アトランタ五輪の爆弾テロ犯である「エリック・ルドルフ」、あるいはオクラホマ爆弾テロの共犯者「テリー・ニコルズ」などが服役しており、JGLはそこに仲間入りするというのです。

その場合、万が一にJGLが脱獄に成功するようでは、アメリカの司法制度も、そしてメキシコとの外交におけるアメリカの威信も崩壊してしまうわけで、この「スーパーマックス」の警備体制が注目を集めることになりそうです。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は反発、米株高と配当権利取りが下支え

ワールド

G7財務相会合での議論、「言える段階にない」=麻生

ビジネス

G7財務相、最貧国の債務軽減策拡充への支持示す見通

ワールド

米国の新型コロナ感染者700万人突破、中西部で急増

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 10

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!