コラム

21世紀版『美女と野獣』で描かれる現代の女性像

2017年03月21日(火)18時45分
21世紀版『美女と野獣』で描かれる現代の女性像

エマ・ワトソンはヒロインのベルを知性溢れる女性として演じた Neil Hall-REUTERS

<女の子向けラブストーリーの王道的作品とも言える『美女と野獣』の中にも、製作された時代を反映した女性像が描かれている>

ディズニーの『美女と野獣』実写版リメイクが大ヒットになっています。先週16日の先行上映も相当な動員数だったようですが、最終的に先週金曜から日曜までの「オープニング・ウィークエンド」の興行収入は1億7400万(約196億円)に達したようで、これは「歴代7位」という記録的な数字だそうです。私は正式な封切り日である金曜の早い時間に行きましたが、夜の時間帯では多くのシネコンで「売り切れ」が出ていたようです。

多くの批評サイトの反応も好意的ですし、いつもは辛口のニューヨーク・タイムズも「インスタント・クラシック(出てすぐに古典になった)」という相当な表現で褒めていました。一部ネガティブな意見もないわけではありませんが、「91年のアニメ版(本作のオリジナル)に及ばない」とか「あまりに売れ線狙いであざとい」「エマ・ワトソンはいいが、他が弱い」というような「斜に構えた」ものが主のようです。

ヒットの理由ですが、何と言っても主役のベルをエマ・ワトソンが演じているということが大きいと思います。キラキラした知性が、大変な好感度を生んでいるということもありますが、『ハリー・ポッター』シリーズのヒロインだった彼女と一緒に育ったミレニアル世代を中心に、アメリカ人は完全に心を奪われた感じです。特に、女の子のいる家庭の「のめり込み」は相当なものですし、これからさらに現象が拡大していく感じもあります。

【参考記事】英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』

そのワトソンですが、アイビーリーグの名門校ブラウン大学を卒業したこと、そして「アクティブ・フェミニスト」を自称していることは有名です。では、その彼女の思想と、この作品はどう結びついているのでしょうか? この『美女と野獣』ですが、「女の子向けのロマンチック・ラブ・ストーリー」であることは間違いありません。と言いますか、その王道を行く作品だとも言えるでしょう。

ですが、そこに一種の「穏健なフェミニズム」が入っているということは、91年のアニメ版の当時から言われていることです。ベルという主人公が、まず「本好きな少女」であり、同時に「自分の信念を貫く」強さがあり、さらには「交際相手となる男性を外見では判断しない」という本作の「核」にある設定で、自立した女性像を描いているからです。

ネタバレになりますが(大変に有名なお話ですからお許しください)、その一方で、結末の部分で野獣が元の王子様に戻ってしまう部分が、一種の保守性だと批判されたのは事実です。その点を突いたのが、ディズニーのライバルである、ドリームワークス・アニメが作った『シュレック』(2001年)というパロディです。『シュレック』の場合は、野獣がイケメン王子に「戻る」のではなく、「美女」の方が野獣に化けて「野獣カップル」になるというわけですから、まさに本作の完全なパロディというわけです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 5

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    「金正恩は何かあると、すぐに妹を呼ぶ」韓国閣僚が…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!