コラム

予備選直前にペイリンの支持を取り付けたトランプの目算

2016年01月21日(木)16時10分
予備選直前にペイリンの支持を取り付けたトランプの目算

これで「右派ポピュリスト」を代表する2人がタッグを組んだことになる Mark Kauzlarich-REUTERS

 サラ・ペイリン元アラスカ州知事といえば、2008年の大統領選で共和党のジョン・マケイン候補の「ランニング・メイト」、つまり副大統領候補として「オバマ=バイデン」コンビと戦ったことで有名です。

 その彼女の存在感は、この大統領選で敗北した2年後の2010年の中間選挙でより大きなものとなりました。「ティーパーティー」旋風の「応援団長」として全国を遊説し、多くの共和党候補を勝利に導いたからです。

 その後の彼女は、大統領候補に見立てられたこともありますが、さすがにその「器ではない」という自他の評価もあり、ここ数年は「大人しく」していた感じがあります。ですが、共和党のいわゆる「草の根保守」的な層には現在でも絶大な人気を誇っています。

 そのペイリン氏が今週火曜に、アイオワ州を遊説中のドナルド・トランプ候補の集会に登場して「トランプ支持」を打ち出しました。その際のペイリン氏の演説は例によって威勢のいいもので「トランプ氏は交渉術の大家」だと思い切り持ち上げたばかりか「みなさんと『トランプタワー(実際にニューヨークにある、同氏の建てた高層ビルの名前)』をアメリカに打ち立てましょう」などと言って聴衆を煽っていました。

 またオバマ大統領への批判も徹底していて「2017年の1月には、元大統領になったオバマにプロンプターを背負ってシカゴへ逃げ帰ってもらう」などと散々な言い方をしていました。「その際の合衆国大統領はもちろん、ドナルド・トランプ」だというのです。

 いずれにしても、共和党の「右派ポピュリスト」の代表的な存在である2人が「タッグを組んだ」ということは、かなりのインパクトを与えています。確かに、影響力が一時期と比べると衰えたとは言っても、ペイリン氏といえば「保守派のマドンナ」としての存在感はあるからです。

 ところで、今回の大統領選で言えば、クルーズ、ルビオ、ポールといった候補たちは、いずれも「ティーパーティー」の「ブーム」に乗って中央政界入りした政治家です。そう考えると、ペイリン氏としては、この3人のいずれかがハッキリ頭角を現したところで「支持」を打ち出せば、自分の影響力もアップする可能性があります。

 そんなペイリン氏が、どうして、このような早い時点で「トランプ支持」を打ち出したのでしょうか? 切迫した事情は、トランプ候補側にあります。2月1日のアイオワ州党員集会、そして9日のニューハンプシャー州予備選という「予備選序盤の2州」というのは非常に重要であると言われています。同氏はここでの「2連勝」を狙っているからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

焦点:債券利回り上昇とユーロ高、ECBの出口脅かす

ビジネス

英金利、中銀見通しより速い上昇が必要の可能性=ハル

ビジネス

米国株は下落、FOMC議事要旨受け米国債利回り上昇

ビジネス

ドル上昇、FOMC議事要旨受け=NY市場

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 2

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の標的に

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 5

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 9

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 10

    中国で日本製ゲームアプリが大人気、「カエルをもっ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!