コラム

依然として止まらない米警官による黒人殺害事件

2015年04月28日(火)10時39分

 昨年、発生したマイケル・ブラウン事件(ミズーリ州)、エリック・ガーナー事件(ニューヨーク州)は大きな社会問題となりましたが、今年に入っても、警官による治安維持行動の中で、黒人が事実上殺害されるという事件が続いています。

 この4月だけでも殺害事件が2件発生しています。まず、4月4日にはサウスカロライナ州のノースチャールストンでウォルター・スコットさんという元沿岸警備隊員の50歳の黒人男性が、「自動車のストップランプが点灯しない」ということでパトロール中の警官に尋問を受けたところトラブルになり、逃走したところを背中から撃たれて死亡しています。

 スコットさんは武装してはいなかったのですが、尋問に抵抗する中で警官からスタンガンを奪ったところ、警官が激昂して最悪の事態になったようです。この事件に関しては、目撃者が撮影した決定的なビデオがあったことと、警官の行動をすべて可視化するための音声記録もあったために、事件の解明が進んでいます。

 結果的に、このウォルター・スコット事件では警官は「第一級殺人」で起訴されており、抗議行動は起きたものの暴徒化することはありませんでした。

 一方で、4月12日にメリーランド州のボルチモアで、25歳のフレディ・グレイさんという男性が死亡した事件は、未だに解明が進んでいません。グレイさんは、パトロール中の警官に尋問を受けてもみ合う中で逮捕され、護送される途中で意識不明に陥り、直後に死亡しています。診断は「脊髄の損傷」ということですが、原因は解明されていません。

 グレイさんに関しては、麻薬取引の前科がある一方で、生まれ育ったコミュニティが汚染されていたことで、慢性の鉛中毒に苦しんでいたという報道もあります。その病気のために、行動が落ち着かないという面があったという説もありますが、真偽のほどは分かりません。分かっているのは、6人の警官がグレイさんを取り押さえようとしたこと、結果的に逮捕されたグレイさんが直後に急死したということだけです。

 この事件は、情報公開が進み警官も起訴されたウォルター・スコット事件の直後に起きただけに、特にボルチモア市警の不透明性が批判を浴びました。事件から2週間を経た現時点でも、死因の解明や6人の警官の容疑について、一貫した説明はされていないのです。

 このため大都市ボルチモアには不穏な雰囲気が漂うこととなりました。4月の25~27日にかけて抗議行動が暴徒化し、警察車両が破壊されたり、放火されたりして夜間は危険な状態が続いています。メリーランド州は、ボルチモア市に非常事態宣言を適用して警戒にあたっていますが、住民の警察への不信感は根強いものがあり解決は程遠い状態です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米、中国の南シナ海での軍事行動に反対=ボルトン大統

ビジネス

三菱UFJ、2億株・1000億円を上限に自己株を取

ビジネス

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支え

ビジネス

ドル113円後半、円じり安 米中歩み寄りに期待

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が開発される

  • 4

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 5

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 8

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 9

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    安倍首相はよく耐えた!

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!