コラム

適切だったJR西日本の「早期運休判断」

2014年10月16日(木)12時50分

 台風19号の上陸に備えて、JR西日本が早急に運休を決定したことに対して賛否両論があるようです。具体的には13日の午後から順次運転本数を減らし、午後4時以降は京阪神の全線で運休をしたのですが、この方針を「13日のお出かけは控えてください」と「前日の12日に予告」して呼びかけた、確かにこれは日本ではあまり前例のない対応でした。

 この問題を評価するには、具体的な過去の経緯を考えておいたほうが良いと思います。5点掲げておきます。

 1つ目は、国鉄民営化直前の1986年12月に、山陰本線にある有名な余部鉄橋(兵庫県美方郡香美町)で発生した事故の問題です。この事故ですが、鉄橋を通過中の客車が最大風速33メートル(m/s)の突風にあおられ、機関車以外の客車の全車両が台車の一部を残して転落するという惨事となりました。

 転落した客車は橋梁の下にあった工場と民家を直撃し、亡くなった車掌を含めて6名の死者を出すという大惨事になりました。原因は風速計の故障と判断ミスであり、結果的に橋梁は架替えとなりました。この事故に関しては、今でもJR西日本は当事者意識を忘れていないと思います。

 2つ目は、2005年4月に兵庫県尼崎市で発生した福知山線の事故です。遅れを回復しようと焦った運転士のミスにより高速での脱線事故となり、死者107人、重軽傷562人の大惨事となりました。JR西日本という企業はこの事故の責任を今でも背負っているので、人身事故を起こしてはならないという「厳し目の判断」をするのは当然だと思います。

 3つ目は、今年の豪雨による広島市の土砂災害です。この土砂災害でJR西日本の可部(かべ)線が被害を受けました。実際の土砂崩れの発生は午前3時台で乗客への直接の被害はありませんでしたが、記憶に新しい鉄道被災の例です。こうした土砂災害への警戒を高めることには、JR西日本は強い当事者意識を持っていて当然だと思います。

 4つ目は、これはJR西日本の管轄内ではありませんが、一週間前の台風18号では、JR東海管内の東海道本線の由比=興津間で土砂崩れがあり、貨物の大幹線が上下線不通になるという災害がありました。突貫工事で今週には復旧にはいたったものの、これも記憶には新しいところです。

 5つ目は、これはJR東日本の問題ですが、今年2月の大雪で山梨県内の中央本線で特急などが立ち往生し、計1000人以上の乗客が数夜にわたって車内に閉じ込められた事件がありました。鉄道史上重大な事件であり、JR各社は類似の「乗客の車内閉じ込め」が起きないよう強い問題意識を持っていると思います。

 今回のJR西日本の決定の背景としては、特にこの「万が一の事態の際に車内閉じ込めを防ぐ」ということが発表されていますが、それはこの山梨の事件も意識しての判断だと考えられます。山梨のケースでは、幸い生命に関わるような問題は起きませんでしたが、この「閉じ込め」というのは、場合によっては深刻な結果をもたらす危険性が十分にあるからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中