コラム

「ヤジ事件」を機に、社会的セクハラ体質を徹底検証しては?

2014年06月24日(火)10時37分

 東京都議会の議場で発生した女性議員への「ヤジ事件」ですが、解決のプロセスはともかく、この種の発言は完全に「アウト」であることが広範に認知されたというのは、一つの前進なのだと思います。

 では、これで「事件」に関しては犯人探しと謝罪といったみそぎをすれば解決ということでいいのでしょうか? そうではないと思います。この機会に、社会に残るセクハラ体質について、様々な議論が必要だと思います。

 3つ指摘したいと思います。

 1つは人身売買の問題です。例えば、この月曜日にも、東京都東大和市で「12歳の女子中学生を拉致した男が、「一生家に帰らせない。売り飛ばしたら2000万円になる」などと脅して監禁した容疑で逮捕されるという事件がありました。この種の「女性の人身売買」ということが、まだまだ「場合によってはあり得る話」として社会にあふれている状況があります。

 4月期の連続ドラマの中でも、例えば『極悪がんぼ』というドラマでは、借金を帳消しにするために沖合にある「売春島」で働かされそうになるというエピソードがありました。ドラマでは、女主人公がそこから脱出するというストーリーになっていてモラルの崩壊は回避されていましたが、それでも「そのような人身売買の描写」が「ありそうな話」として横行すること自体が、そしておそらく実際には社会の中でまだ続いているということは、おそろしいことだと思います。

 このように、女性を(場合によっては児童、あるいは男性も)強制的に性的な職業に就かせる行為は、トラフィッキングと呼ばれて、国連は現在、地球規模でこうした行為を撲滅するように取り組んでいます。この問題に関しては、日本の社会は意識の面でも、実態としてもまだまだ問題を抱えているように思います。この問題も社会全体にあるセクハラ体質と切り離すことはできないと思います。

 2番目として、女性芸能人に対する視線の問題があります。ミュージシャンが麻薬事犯で逮捕されると、その楽曲までが発売中止や回収になるという現象がありますが、一方で女性の芸能人が同様の犯罪を犯した場合には、同じように芸能活動を制限されるわけです。ところが、その女性が法的処分を経て社会復帰した時に待っているのは何かというと、ヌードシーンのある映画に出ろとか、ヌード写真集を出せという圧力が加わるわけです。

 こうしたケースに加えて、例えば離婚した女性の芸能人に対しても、同様の圧力が加わるという問題があります。勿論、映画の中には表現上どうしてもヌードシーンの必要な作品はあり、自分なりの考え方で自分の身体を使って表現をするというのは、役者としてのプロフェッショナリズムとしてあります。また、写真集にしても女性が自由意志で被写体になるということはあるわけです。

 ですが、犯罪を犯して「前科」がついたから、あるいは「離婚した」からという人生の局面において、まるで人間の格が下がったかのような扱いをして、社会的な性的好奇心がその女性に向けられるというのは、やはりカルチャーとして非常に貧困であると思います。強い言葉で言えば、お金で女性の尊厳を蹂躙しているような印象があります。これも社会的セクハラの一種ではないでしょうか。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

アングル:イタリア総選挙、甘い公約に潜む「債務の時

ビジネス

アングル:米株の波乱「まだ終わらない」、古参投資家

ビジネス

アングル:米株市場、長期金利への反応に変化 一部に

ワールド

焦点:足元の原油安、底打ちはいつか

MAGAZINE

特集:AI 新局面

2018-2・20号(2/14発売)

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

  • 5

    フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

  • 6

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 7

    英ネズミ捕獲長ラリーはサボってる? 立場を脅かす…

  • 8

    友達の多い貧乏人、友達の少ないお金持ち

  • 9

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 10

    おバカ巨乳女子大生の偏見にうんざり

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

  • 10

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!