コラム

パックンが米朝首脳会談の合意内容を大胆予想!

2018年05月16日(水)13時00分
パックンが米朝首脳会談の合意内容を大胆予想!

ノーベル平和賞候補と言われてまんざらでもないトランプ Leah Millis-REUTERS

<外交交渉では完璧を求めることが合意の邪魔をすると言われているが、米朝交渉でトランプは、むしろ中身のない合意で勝利宣言をしてしまいそうだ>

The perfect is the enemy of the good.(完璧は良いことの敵だ)

フランスの思想家ヴォルテールが広めたこの言い方は外交に関してよく使われる。国家間の交渉の末、良い条件で合意が結ばれても、完璧じゃないからと拒否される傾向を指す定番の表現でもある。

この間、トランプ米政権が発表したイラン核合意からの離脱にも見てとれる現象だ。合意の内容自体は比較的良いもの。イランの遠心分離機の数を減らし、濃縮ウランの保有量を制限し、査察レジームを強化した。いわゆるブレークアウト・タイム(イランが核を完成させるのに必要な推定時間)を3カ月から1年以上にまで伸ばした。

しかし、合意に有効期限が付いていたとか、ミサイル開発を禁止していなかったなどの欠点はあった。そこで同盟国や専門家、自国の国防長官の反対をも押し切り、ドナルド・トランプ大統領は有意義な合意を捨ててしまった。

良い合意に反対したのは、トランプが悪いやつだからではなく、「良い」より「完璧」を求めてのことだ。それがThe perfect is the enemy of the goodの実例になる(もちろん、トランプは悪いやつでもあるけど......。)

さて、大注目の米朝首脳会談で目指す合意はどうなるか。ここでも同じ現象は見られるのだろうか?

ここで僕からの大胆な予想だ――完璧にとらわれなければ短期間で合意に至る! それもCVID込みで! CVIDというのは日米韓中が目標として挙げている「Complete, Verifiable, Irreversible, De-nuclearization」つまり、北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄」。制裁緩和や経済支援、国交正常化、金体制の保証などを交換条件に、北朝鮮は核を全て廃棄する約束をすると、僕は見ている。完全だ! また、査察団も入れる。検証可能だ! 試験場を破壊し、設計や実験のデータを削除して遠心分離機を破棄する。不可逆的だ! 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、これぐらいの譲歩をする心の準備も勇気もあると思う。あの髪型をする勇気があれば、怖いものはないだろう。

こんな合意なら「良い」内容になる。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 6

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 7

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 10

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!