コラム

破壊王! トランプの「政治テロ」が促すアメリカの変革

2016年04月28日(木)16時00分
破壊王! トランプの「政治テロ」が促すアメリカの変革

型破りな姿勢を貫いて“非常識”な政策を提案し続けるトランプは、候補として失格であっても「ディベートメーカー」としては貴重な存在 Randall Hill-REUTERS

 ご存知の通り、僕はドナルド・トランプ大統領候補をちっとも応援していない

 不適切な発言でアメリカのイメージを下げたり、人種間の溝を広げたり、候補を選ぶプロセスをぶっ壊しちゃったり・・・そんな彼を批判したいと思うときが山ほどある。しかし、こんな僕でもトランプを、2点においては高く評価している。

 1つは、彼のおかげでコメンテーターなどを始め、僕の仕事が増えていること。実にありがたい人! こちらは僕が得する話だ。

 もう1つはみんなの得になる話。それは、型破りな候補の姿勢を貫いて、"非常識"な政策を大きな声で提案し続けていることだ。

 例えば「トランスジェンダー(性同一性障害など)の方が身体の性別と関係なく、気持ちが男性なら男性用のトイレを、女性なら女性用のトイレを使えるようにするべき」という先日の主張。これは先進派閥のリベラルな人にとっては常識的な思想だが、一般的に保守主義の立場をとる共和党の大統領トップ候補としてはとんでもなく非常識なものだ。

 同様に、富裕層への増税、貧困者の所得税廃止、関税の引き上げ、アメリカの中近東撤退、皆保険の設置等々の案は長年、共和党内ではご法度な提起だが、トランプはそんなことは気にしない。

【参考記事】パックンが斬る、トランプ現象の行方【前編、人気の理由】

 また党内の伝統的なスタンスに逆らうだけではない。日本や韓国への核保有化を勧めたり日米安保関係の見直しなどの提議は、共和党のみならず、ほとんどの政治家や専門家から見て非常識な発想だが、トランプはまったくお構いなし。さすが非常識人!

【参考記事】トランプの暴言に日本は振り回されるな!

 差し障りのない、ありふれた主張を繰り返す典型的な大統領候補と違って、トランプは、(極端かつ非現実的であっても)とにかく新奇な策を世界に打ち出している。固定概念や暗黙の了解などにとらわれず、なんでも自由に発案するのはとても大事なことだ。なぜなら、それを取り上げる番組で僕の仕事が増えるから! ごめん、自己利益に戻った。

 もとい、こういった彼の極端な発言は国民の議論を掻き立てている。恐怖感や人種差別を煽るのは許しがたいし、大統領候補はちゃんと熟慮した上で政策立案を進めてほしい。ただ、候補として失格であっても「ディベートメーカー」としては貴重な存在だ。

 実のところ、トランプの暴走で一番困っているのは共和党。例えば「安全保障優先、タカ派の党」というイメージをがんばって築き上げてきたところで、トランプはアジア撤退やNATOの見直しなど、孤立主義に近い提案を連発している。しかもそれが多くの一般党員からも支持される事態となっている。世界中の同盟国には不安を抱かせているが、党内では方向変換も含めた議論が始まった。

【参考記事】トランプ勝利で深まる、共和党「崩壊の危機」

 一方、「メキシコとの間に壁を建てること」や「子供を中絶した女性を罰すること」、「イスラム教徒の入国を禁ずること」などの主張は、共和党の方向性に逆らってはいない。多くの人に不快感を与える極端な提案であるものの、どれもが党の政治理念に基づいている。中絶反対、移民反対、キリスト教至上主義の共和党の本来のレトリックの延長線にあるだけ。同じ方向性ではあるが、しかし、どこまでやるのか?と、また議論を呼んでいる。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

ブラジル年金改革法案が議会通過、株価は過去最高値

ワールド

英議会、EU離脱巡る高速審議を否決 月末の離脱ほぼ

ワールド

トルコとロシア、シリア北部のクルド人勢力退去で合意

ビジネス

カナダ、利下げ予想が後退 総選挙受け財政支出拡大見

MAGAZINE

特集:躍進のラグビー

2019-10・29号(10/23発売)

日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

人気ランキング

  • 1

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

  • 2

    水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

  • 3

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

  • 6

    メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

  • 7

    メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

  • 8

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 6

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 7

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 8

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 9

    性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 10

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!