コラム

感嘆! 4通りに組み替えられるお絵描きロボット「mDrawBot」

2015年10月09日(金)17時10分
感嘆! 4通りに組み替えられるお絵描きロボット「mDrawBot」

mDrawBotは、マーカーで絵を描くという点に特化させたことで、唯一無二のポジションを得たホビー系ロボット。

 新たに始まるこのコラム「魅惑するプロダクツ」は、筆者が、そのコンセプトやデザイン、カラクリなどの点で抗しがたい魅力を感じる製品を、隔週で採り上げて紹介するという趣向の連載である。

 それは、基本的にはユニークな発想に満ちたものだが、必ずしも最新の製品とは限らない。インターネットの時代でも、まだこの世の中には、広く知られていなかったり、忘れ去られていたプロダクトたちに出遭うことがある。そうした温故知新的なアイテムにも、ときにはフォーカスしてみたいと思う。

 さて、1回目の製品は、Makeblock社の描画ロボットキット、mDrawBotだ。クラウドファンディングサイト、Makuakeでの標準支援価格は19,889円だったが、これは電子パーツや電子工作キットを販売するスイッチサイエンスが市場調査目的の試験販売的に頒布したもので、現在は終了している。しかし、目標額の3倍以上の支援金額を集めて好評だったため、近い将来には何らかのアナウンスがありそうだ。

 Makeblock社は正式名称を深圳メイカー・ワークス・テクノロジー社といい、中国の若いエンジニアたちが立ち上げた会社で、社名の通り深圳に本社がある。Arduinoベースのオープンソース・ロボット・コンストラクション・プラットフォームの開発・販売を行っており、mDrawBotキットもそのパーツで構成されている。


 今では市場にたくさんのホビー系ロボット製品が出回っているが、mDrawBotは、マーカーで絵を描くという点に特化させたことで、唯一無二のポジションを得た。

 たとえば、それなりの大きさの壁に絵を描こうとした場合、かつては、下絵と壁の両方にグリッドを描いて線を引く際の目安にしたり、下絵をプロジェクターで投影して人間がトレースするというやり方が普通だった。しかし、何年か前に、2点から吊ったワイヤーにぶら下がり、その間を巧みに移動しながら描画するメカを見たことがあり、そのシンプルな仕掛けと、ワイヤーの長さに応じていくらでも大きな絵が描けるスケーラビリティに感嘆したことがあった。

 mDrawBotキットで作れるmSpiderというロボットは、まさにその機構を再現したもので、ホワイトボードなどを利用して、利用後に消去するような告知バナー的な用途に使うこともできる。

mSpider.jpg

2点から吊ったワイヤーにぶら下がって描画するmSpider

 それだけでも十分に魅力的だが、実際にはそこに留まらず、普通に平面に絵が描けるmScara、タマゴやピンポン球のような小さな球状のものの表面に描画可能なmEggBot、そして自走しながら軌跡としてイラストを描くmCarを含む、計4種のロボットが作れるのだ。

mScara.jpg

平面に絵が描けるmScara

mEggBot.jpg

タマゴやピンポン球のような小さな球状のものの表面に描画可能なmEggBot

mCar.jpg

自走しながら軌跡としてイラストを描くmCar


 すべてのコントロールはmDrawという専用アプリケーションから行われ、描画の元データとしては、SVG形式のベクトルイメージファイルか、BMP形式のビットマップイメージファイルを利用できる(後者は、SVG形式に変換される)。

 もちろん、mDrawBotが自分で絵を描く行為を置き換えたり、無意味なものにするわけではなく、それとは異なる体験を、特に子どもたちにもたらすことに大きな意義がある。同じ目的を達成するために、様々なアプローチがあると知ることが、とても大切と思うからだ。

プロフィール

大谷和利

テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー、NPO法人MOSA副会長。アップル、テクノロジー、デザイン、自転車などを中心に執筆活動を行い、商品開発のコンサルティングも手がける。近著に「成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか」(現代ビジネスブック)「ICTことば辞典:250の重要キーワード」(共著・三省堂)、「東京モノ作りスペース巡り」(共著・カラーズ)。監修書に「ビジュアルシフト」(宣伝会議)。

ニュース速報

ワールド

GoToトラベル、地域経済の支援策で極めて有力=菅

ワールド

中国の滴滴出行、メキシコで女性運転手が女性客選べる

ワールド

バイデン次期政権、「米国第一」主義と決別 各国と協

ビジネス

米原油先物は小幅安、米原油在庫が予想以上に増加

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!