コラム

オバマ前大統領がベストムービーに選出した『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』

2020年10月08日(木)18時10分

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』 (C)2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

<サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をW受賞。監督の感性や実体験が結びついたリアルでしかも幻想的な魅力を持った作品だ...... >

サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をW受賞した新鋭ジョー・タルボットの長編デビュー作『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は、タルボットと主演のジミー・フェイルズの感性や実体験が結びついたリアルでしかも幻想的な魅力を持った作品だ。

サンフランシスコで生まれ育った幼なじみの二人

白人のタルボットと黒人のフェイルズは、サンフランシスコで生まれ育った幼なじみで、本作には、ふたりが出会う以前のフェイルズの実体験が盛り込まれている。フェイルズは6歳まで黒人のコミュニティがあったフィルモア地区に家族と暮らしていたが、ジェントリフィケーション(地域の高級化・都市の富裕化)によって富裕な白人が暮らす地域に変貌を遂げ、家を失った親子は公営住宅やシェルターを転々とした。それでもフェイルズは、幼い頃に暮らした家を忘れられず、愛着を覚えていた。

監督のタルボットは、そんな実体験を生かし、フェイルズが自身を演じるかのように主人公をジミー・フェイルズとし、黒人の親友モントとの深い絆を軸に物語を綴っていく。サンフランシスコで生まれ育ったジミーには住む場所がなく、親友モントが目の不自由な祖父と暮らす家に居候している。ジミーは、彼の祖父が建て、幼い頃に家族と暮らしたフィルモア地区にあるヴィクトリアン様式の美しい家に強い愛着を持ち、モントとともに巡礼を繰り返し、そこに暮らす白人夫婦に無断で補修までしている。

そんなある日、ジミーは、白人夫婦が相続にまつわるトラブルを抱え、そこが空き家の状態になることを知る。そこで彼は、叔母に預けていた家財を回収し、モントとともに家に住み始める。しかし、家を取り戻した喜びもつかの間、ふたりは次々と悲劇やトラブルに見舞われる。

劇作家に憧れるモントは、路上にたむろする黒人グループのひとりコフィーを主人公に脚本を書いていたが、そのコフィーが不慮の死を遂げる。ジミーは、不動産業者に不法占拠が露見し、立ち退きを迫られるが、それでも家を守ろうとする。そんなジミーに背中を押されたモントは、家族や仲間たちを家に集め、追悼の一人芝居を上演するが、その舞台はジミーを巻き込み、思わぬかたちで幕を閉じる。

タルボット監督の独特の感性や表現力

本作では、ジミー・フェイルズ自身の実体験が重要な位置を占めていることは間違いないが、もうひとつ見逃すわけにいかないのが、タルボット監督の独特の感性や表現力だ。物語は、モントの家があるハンターズ・ポイントから、バスを待ちきれなくなったジミーとモントがスケートボードで移動し、フィルモア地区にたどり着くエピソードから始まるが、その数分のドラマには様々な意味を読み取ることができる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ポーランド大統領、トランプ氏と私的に会談 NYで

ビジネス

訂正(発表者側の申し出)トヨタ、プリウス生産を当面

ビジネス

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援法案20日にも採
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story