コラム

80年代初期のロシアの貴重なロック・シーンが描かれる『LETO』

2020年07月22日(水)16時30分

セレブレンニコフ監督は、当時のミュージシャンたちに影響を及ぼした音楽とトリッキーな映像と演出で、主人公たちの内に秘めたパワーや感情を表現している。ドラマは抑圧を示唆するモノクロの映像で描かれるが、突然ミュージカルが始まり、異空間に変貌する。列車内で主人公たちを"西の信奉者"と批判する乗客との間に諍いが起こる場面ではトーキング・ヘッズの「サイコ・キラー」、街で出会ったヴィクトルとナターシャがトロリーバスで移動する場面ではイギー・ポップの「ザ・パッセンジャー」を使ったミュージカルに切り替わる。手描きスタイルのアニメーションで、歌詞やメッセージ、絵などが描き込まれ、関係のない乗客も歌い出し、シュールでファンタジックな空間が切り拓かれる。そして最後に、狂言回しとして存在する若者が、これはフィクションというメッセージを私たちに送ってくる。

ロシアのロックの歴史と主人公たちの軌跡が高速で絡み合っていく

本作は、ロックをめぐる青春群像劇、ほろ苦い三角関係の物語、大胆な表現を盛り込んだ音楽映画と見ることができるが、筆者はそれらとは違う部分に心を動かされた。それをわかりやすく説明するためには、少し遠回りする必要がある。

先ほど名前を挙げたボリス・グレベンシコフやアレクセイ・ルィビンは、本作の内容を批判している。本作でコンサルタントを担当したトロイツキーのインタビューを参考にすると、その原因はこういうことになる。トロイツキーも含め、当時、マイクやヴィクトルと親しかった仲間たちは、誰もヴィクトルとナターシャの間にロマンスがあったことを知らない。そんな信じがたい三角関係を中心に、音楽活動が描かれるのは納得ができない。

そこで考えてみたいのが、本作では本当に三角関係が中心になっているのかということだ。筆者には、表面的にそう見えるだけで、より重要なテーマが埋め込まれているように思える。

まず注目したいのは、マイク率いるズーパークがロック・クラブのステージで「Dryan(You're Trash/お前はクズだ)」を演奏する導入部。この曲は、自由奔放に生きる女性と彼女に翻弄されて苦悩する男のことを歌っている。それは、これから始まる三角関係の予兆と解釈できるが、それほど単純ではない。

ロック・クラブのコンサートでは、管理者が観客を監視している。そこでは、リズムに合わせて体を動かすだけで制止が入る。見逃せないのは、その管理者がマイクの歌に戸惑いの表情を見せることだ。トロイツキーは『ゴルバチョフはロックが好き?』のなかで、マイクが登場してきたときに、彼の歌が大きな反応を起こした理由を以下のように綴っている。

oba0722p01.jpg

『ゴルバチョフはロックが好き? ロシアのロック』アルテーミー・トロイツキー 菅野彰子訳(晶文社、1991年)


「マイクは新人で、どのような表現が規制されているのかをよく知らず、自分でも気がつかないうちに重大なタブーに抵触していた。重大なタブーとは、ソヴィエトのロック・ミュージックが、いやソヴィエトのすべての芸術がひそかな場所にとじこめていたもの──、つまりセックスの表現だった」

ちなみに、映画には出てこないが、この導入部の曲には、「ぼくのバンドのベース・プレイヤーと寝ておいて」といった歌詞が盛り込まれている。本作は、最初にこの曲を選ぶことで、ロックの歴史にも食い込んでいる。

それから、後半で、マイクが雨に濡れながら夜の街を彷徨ううちに、ルー・リードの「パーフェクト・デイ」を使ったミュージカルに切り替わる場面。それだけを見れば、三角関係によるマイクの孤独を表現していることになるが、この場面はすでにまったく別の文脈の一部になっている。

ロックの歌詞に愛着を持つマイクは、ボウイやディラン、ボラン、リードらの歌詞を翻訳して、自分の音楽の土台にしてきた。だから、ヴィクトルに助言するときも、西側のロックを手本にする。本作では、ルー・リードのアルバムを聴き起こしして作ったノートをヴィクトルに貸すことが、ミュージカルの場面への重要な伏線になっている。

なぜなら、ヴィクトルが西側のロックをヒントにしつつも独自の世界を切り拓いていくのに対して、創作に迷いがあるマイクは西側のロックに深くはまり込んでいくからだ。本作では、それをルー・リードの曲で巧みに表現している。

そして、マイクと仲間たちが、ロシアのロックの西側進出について語り合う場面で、マイクの苦悩が浮き彫りになる。彼が浮かない表情で、西側のロックのジャケットで埋め尽くされた壁の前に立つと、ボウイが作った「すべての若き野郎ども」を使ったミュージカルが始まり、ビートルズの衝撃から始まったロシアのロックの歴史と主人公たちの軌跡が高速で絡み合っていく。

セレブレンニコフ監督は、限られた時期を背景にしながら、そこにロシアと西側のロックの関係を集約し、マイクとヴィクトルをリアルというよりは象徴的にとらえることで、彼らの運命の分かれ目を鮮やかに描き出している。


《参照/引用文献・記事》
"Summer of love | The Wire (thewire.co.uk)"by Ilia Rogatchevski (September 2018)

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:米零細マスクメーカー、「在庫の山」抱え存

ビジネス

セブン&アイの米コンビニ買収「違法の恐れ」、規制当

ビジネス

バイデン氏の増税案、影響被る中小企業は3%未満の見

ビジネス

米国株式市場=ダウ続伸360ドル高、週間では2月下

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマーの外資系企業、国軍が土地所有のビルから立ち退く

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 8

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    米物価上昇が意味すること

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 7

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 8

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中