コラム

北マケドニアの自然養蜂家の女性を追うドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』

2020年06月25日(木)18時30分

アカデミー賞で初めてドキュメンタリー映画でありながら国際映画賞にも選ばれた『ハニーランド 永遠の谷』

<北マケドニアの山岳地帯で自然養蜂家の女性をカメラが追うドキュメンタリーは、リアリズムを超えた空間を切り拓いている......>

北マケドニアで作られたリューボ・ステファノフとタマラ・コテフスカ共同監督のドキュメンタリー『ハニーランド 永遠の谷』は、各国の映画祭で受賞を重ね、アカデミー賞で初めてドキュメンタリー映画賞部門だけでなく、劇映画と肩を並べて国際映画賞(旧・外国語映画賞)部門にノミネートされたことでも注目を集めた。

その舞台は、北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた山岳地帯にある電気も水道もない村。主人公の女性ハティツェは、他の住人がみな去ってほとんど廃墟と化したその村に、病気で寝たきりになった老母と暮らしている。彼女は代々受け継がれてきた自然養蜂を営み、収穫した蜂蜜を自分でスコピエまで売りに行き、その収入で質素な生活を送っている。

だがある日、7人の子供を育てる遊牧民の夫婦が牛たちを引き連れて現れ、村に落ち着く。ハティツェは子供たちと仲良くなり、一家を受け入れていく。一家の主フセインは、ハティツェの仕事に興味を持ち、指導を受けながら養蜂も始めるが、やがて一家の行動が、自然と深く結びついたハティツェの生活を混乱に陥れていく。

撮影を進めている間に、想定外の出来事が起こるドキュメンタリーの醍醐味

ドキュメンタリーの醍醐味のひとつは、筋書きのないドラマだといえる。作り手が企画や撮影を進めている間に、想定外の出来事が起こり、それに対応し、掘り下げていくことで深みのあるオリジナルな作品が生まれる。本作はまさにそれに当てはまる。

リューボとタマラのコンビは当初、マケドニアの中央部を流れる川をテーマにした作品を構想し、リサーチを進めていた。そんなときに、これまで環境問題に関わってきたリューボに、スイス開発協力庁(SDC)が立ち上げた自然保護プログラムを通じて、養蜂や蜜蜂の重要性に関する作品を作る話が舞い込む。マケドニアの辺境に伝統的な養蜂を営む人々がいることを耳にした彼は、現地を訪れ、ハティツェに出会った。

この監督コンビは、最初から養蜂や蜜蜂に強い関心を持っていたわけではない。彼らがハティツェという人物とその境遇に惹きつけられなければ、この企画もどうなったかわからない。

筆者は、そのハティツェが使う、持ち運びもできて固定もできる網籠のような養蜂箱をどこかで目にした気がし、調べたら、ルーシー・M・ロングの『ハチミツの歴史』に挿入されている図版であることがわかった。それは昔の養蜂を描いた絵で、中世の養蜂箱と説明されていた。

oba0625b_.jpg

『ハチミツの歴史』ルーシー・M・ロング大山晶訳(原書房、2017年)

著者のロングは同書の冒頭で、蜂蜜について以下のように書いている。


「ある意味で、ハチミツは文明と『自然』との懸け橋になっている。産業化された食品システムが支配する現代世界から、私たちをより自然に近いオーガニックな生活へいざなってくれる、と言ってもよい。そのような生活を送れば、私たちは文化の多様性や過去からの経験や知恵にもっと触れることができるだろう」

ハティツェと出会ったコンビは、そんな作品を作っていたかもしれない。ところが、フセインの一家が現れたことで、そこにまったく違うドラマが生まれる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

情報BOX:G7サミット、中国問題や気候変動対策な

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中