コラム

KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラック・クランズマン』

2019年03月20日(水)19時30分
KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラック・クランズマン』

スパイク・リー監督の新作『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

<70年代、白人至上主義団体KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話をスパイク・リーが映画化>

本年度のアカデミー賞で脚色賞を受賞したスパイク・リーの新作『ブラック・クランズマン』は、にわかには信じがたい実話に基づいている。映画の原作であるロン・ストールワースの回想録には、70年代にコロラド州のコロラドスプリングス警察署で初の黒人刑事になったロンが、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に入会し、潜入捜査を行った体験が綴られている。

黒人であるロンは、どのようにしてKKKに入会するのか......

では、黒人であるロンは、どのようにしてKKKに入会するのか。新聞でKKKの広告を目にした彼は、原作では私書箱の宛て先に入会を希望する手紙を送るが、この映画ではいきなり電話での接触を試みる。電話口で白人以外の人種を嫌悪する過激な言葉を並べ立てた彼は、コロラドスプリングス支部の担当者からいたく気に入られ、面会する約束をとりつけてしまう。しかも、本名を名乗るというミスもおかしていた。

oba0320c.jpg

『Black Klansman: Race, Hate, and th e Undercover Investigation of a Lifetime』Ron Stallworth (Century, 2018)

KKKのメンバーと対面するわけにはいかないロンは、自分が電話を担当し、別の白人刑事が彼らと会うという奇抜なアイディアを思いつく。そこで、同じ部署の刑事フリップ・ジマーマンが、ロンになりすまして彼らと会い、疑いの目を向けられながらも、なんとか親交を深めていく。一方、ロンは、電話でKKKの指導者デビッド・デュークとの接触に成功し、巧みな話術で信頼を得ていく。やがてそのデュークが、コロラドスプリングスで集会を開く日がやってくる。

ユダヤ人の目を通してKKKの反ユダヤ主義が浮き彫りに

この映画化では、実話に様々な脚色が施されているが、そのなかでもまず注目したいのがロンになりすます刑事フリップのキャラクターだ。原作の刑事はチャックという名前の白人だが、映画ではユダヤ人という設定に変更されている。それによってこの刑事の立場はまったく違ったものになる。

この映画を観ながら、筆者の頭に何度となく思い浮かんできたのは、ジェームズ・リッジウェイが書いた『アメリカの極右 白人右派による新しい人種差別運動』のことだった。80年代に至るまでの極右の歴史や現状を豊富な資料を駆使して検証した本書では、反ユダヤ主義や新しい指導者としてのデビッド・デュークについても掘り下げられ、とても参考になる。

oba0320b.jpg

『アメリカの極右 白人右派による新しい人種差別運動』ジェームズ・リッジウェイ 山本裕之訳(新宿書房、1993年)

本書によれば、今日の極右の理論的な根拠は、フランス革命時代に発生した「国際的ユダヤ人の陰謀」神話に求められる。アメリカでは、移民などの外国人排斥がピークに達した1920年代にそれが急速に普及した。当時、伸び盛りだったKKKは、この説を受け入れ、反黒人、反カトリックの綱領に反ユダヤを加えた。

この映画の原作でも、ロンの捜査によって、KKKやその他の極右の反ユダヤ主義が露になるが、ユダヤ人が中心的な登場人物になることはない。これに対して映画では、まずプロローグで時間を遡るようにポーリガード博士なる人物が登場し、ユダヤ人陰謀論を唱え、本編では、フリップというユダヤ人の目を通して彼らの反ユダヤ主義が浮き彫りにされる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ビジネス

米、5月の採用件数が過去最多 レイオフも減少=雇用

ワールド

WHO、コロナ空気感染の「証拠浮上」 感染経路かど

ビジネス

米経営者が「再び神経質に」、コロナ第2波で=アトラ

ワールド

アルゼンチン政府、債務再編案を確定 主要債権団の対

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!