コラム

KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラック・クランズマン』

2019年03月20日(水)19時30分
KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラック・クランズマン』

スパイク・リー監督の新作『ブラック・クランズマン』(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

<70年代、白人至上主義団体KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話をスパイク・リーが映画化>

本年度のアカデミー賞で脚色賞を受賞したスパイク・リーの新作『ブラック・クランズマン』は、にわかには信じがたい実話に基づいている。映画の原作であるロン・ストールワースの回想録には、70年代にコロラド州のコロラドスプリングス警察署で初の黒人刑事になったロンが、白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に入会し、潜入捜査を行った体験が綴られている。

黒人であるロンは、どのようにしてKKKに入会するのか......

では、黒人であるロンは、どのようにしてKKKに入会するのか。新聞でKKKの広告を目にした彼は、原作では私書箱の宛て先に入会を希望する手紙を送るが、この映画ではいきなり電話での接触を試みる。電話口で白人以外の人種を嫌悪する過激な言葉を並べ立てた彼は、コロラドスプリングス支部の担当者からいたく気に入られ、面会する約束をとりつけてしまう。しかも、本名を名乗るというミスもおかしていた。

oba0320c.jpg

『Black Klansman: Race, Hate, and th e Undercover Investigation of a Lifetime』Ron Stallworth (Century, 2018)

KKKのメンバーと対面するわけにはいかないロンは、自分が電話を担当し、別の白人刑事が彼らと会うという奇抜なアイディアを思いつく。そこで、同じ部署の刑事フリップ・ジマーマンが、ロンになりすまして彼らと会い、疑いの目を向けられながらも、なんとか親交を深めていく。一方、ロンは、電話でKKKの指導者デビッド・デュークとの接触に成功し、巧みな話術で信頼を得ていく。やがてそのデュークが、コロラドスプリングスで集会を開く日がやってくる。

ユダヤ人の目を通してKKKの反ユダヤ主義が浮き彫りに

この映画化では、実話に様々な脚色が施されているが、そのなかでもまず注目したいのがロンになりすます刑事フリップのキャラクターだ。原作の刑事はチャックという名前の白人だが、映画ではユダヤ人という設定に変更されている。それによってこの刑事の立場はまったく違ったものになる。

この映画を観ながら、筆者の頭に何度となく思い浮かんできたのは、ジェームズ・リッジウェイが書いた『アメリカの極右 白人右派による新しい人種差別運動』のことだった。80年代に至るまでの極右の歴史や現状を豊富な資料を駆使して検証した本書では、反ユダヤ主義や新しい指導者としてのデビッド・デュークについても掘り下げられ、とても参考になる。

oba0320b.jpg

『アメリカの極右 白人右派による新しい人種差別運動』ジェームズ・リッジウェイ 山本裕之訳(新宿書房、1993年)

本書によれば、今日の極右の理論的な根拠は、フランス革命時代に発生した「国際的ユダヤ人の陰謀」神話に求められる。アメリカでは、移民などの外国人排斥がピークに達した1920年代にそれが急速に普及した。当時、伸び盛りだったKKKは、この説を受け入れ、反黒人、反カトリックの綱領に反ユダヤを加えた。

この映画の原作でも、ロンの捜査によって、KKKやその他の極右の反ユダヤ主義が露になるが、ユダヤ人が中心的な登場人物になることはない。これに対して映画では、まずプロローグで時間を遡るようにポーリガード博士なる人物が登場し、ユダヤ人陰謀論を唱え、本編では、フリップというユダヤ人の目を通して彼らの反ユダヤ主義が浮き彫りにされる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!