コラム

アメリカの戦争と格差を越える戦友たちの再会、『30年後の同窓会』

2018年06月07日(木)17時37分
アメリカの戦争と格差を越える戦友たちの再会、『30年後の同窓会』

『30年後の同窓会』 (C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC 

<30年振りに再会した3人のベトナム帰還兵。それぞれが別の道を歩んでいたが、イラク戦争で戦死した息子の遺体を連れ帰る旅に出ることで、3人の関係に化学反応が起きる...>

リチャード・リンクレイター監督の新作『30年後の同窓会』は、小説家/脚本家ダリル・ポニックサンが2005年に発表した小説『Last Flag Flying』の映画化だ。この原作は、ポニックサンが1970年に発表した処女作『The Last Detail』と繋がりがある。処女作は、ハル・アシュビー監督、ジャック・ニコルソン主演で映画化され、アメリカン・ニューシネマを代表する『さらば冬のかもめ』(73)になった。ポニックサンは、そんな処女作の続編として『Last Flag Flying』を書いた。

だが、『30年後の同窓会』は『さらば冬のかもめ』の続編というわけではない。ポニックサンとともに原作を脚色したリンクレイターは、3人の主人公の名前を変えている。だから、主人公たちのキャラクターやドラマの細部に接点は感じられるものの、全体としては独立した作品と見ることができる。

30年ぶりに再会した3人のベトナム帰還兵

物語は2003年12月、サルが経営する寂れた店「サルズ・バー&グリル」に馴染みのない客がふらりと立ち寄るところから始まる。その客は、サルがベトナムでともに戦ったドクであることがわかる。30年振りに再会したふたりは一晩飲み明かす。その翌朝、サルは、ドクの頼みで遠方にある教会へと車を走らせる。その教会で説教を行っていた神父は、彼らのベトナム時代の仲間ミューラーだった。荒くれで女たらしだった彼は、別人のように変貌を遂げていた。

その後、サルとドクはミューラーの家に招かれ、そこでドクが旧友を訪ねた目的が明かされる。ドクは1月に妻を病気で亡くし、2日前に、イラク戦争に従軍していた一人息子ラリーJr.がバグダッドで亡くなったという報せを受けていた。これから英雄としてアーリントン墓地に埋葬される息子の葬儀に臨むドクは、ふたりの旧友に一緒に来てほしいと頼み込む。

ドクの目的は判明するが、なぜ30年も音信不通だった旧友でなければならないのか。誰もが不思議に思うことだろう。しかし、ここで筆者が注目したいのは、ドクがどうやって旧友を見つけ出したかだ。彼は「簡単さ、今はネットで誰でも見つかる」と説明する。このドラマでは、それがひとつのポイントになる。なぜなら、別々の道を歩んできた彼らは、なんの心の準備もないまま、いきなり過去と向き合うことになるからだ。

別々の道を歩んで来た3人

リンクレイターがそんな状況を意識していることは、ドラマの細部から察することができる。

サルは、ドクが店に現れる前に、常連客に向かって「俺が心から恨んでるものは、大昔の自分の愚かさだ」と語る。それがなにを意味するのかは、旧友たちとの会話を通して次第に明らかになる。ドミノ理論を信じていた彼は、国のために再入隊し、頭には金属プレートが入っている。いまだ独身で、かろうじて店を営んでいるものの、酒びたりの生活を送っている。彼は国や軍に対する怒りを抱え込んでいるといえる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 3

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    中台関係改善の絶好の機会を、習近平は逃した

  • 10

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!