コラム

異才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督独自の世界が切り拓かれた:『ブレードランナー 2049』

2017年10月26日(木)14時00分
異才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督独自の世界が切り拓かれた:『ブレードランナー 2049』

続編としての展開だけが見所というわけではない── 『ブレードランナー 2049』

<『ブレードランナー』から30年後の世界が描かれる『ブレードランナー 2049』。圧倒的なヴィジュアルや強烈な存在感を放つキャラクターには、カナダの異才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の独自の視点や世界観が埋め込まれている>

快進撃を続けるカナダの異才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が完成させた『ブレードランナー 2049』では、『ブレードランナー』から30年後の世界が描かれる。その間に、ネクサス8型レプリカントを製造していたあのタイレル社は、レプリカントが何度も反乱を起こしたために、製造停止に追い込まれて倒産。今では、その資産を買い取った企業家ウォレスが、従順なネクサス9型を製造している。そして、寿命制限のないネクサス8型の残党は、"解任"の対象となって追跡されている。

この映画の主人公は、その旧型を追うブレードランナーのKだ。冒頭で農場に潜伏していた旧型を解任する任務を果たしたKは、枯木の根元に不審な箱が埋められているのに気づく。回収された箱からは、30年前に埋葬されたと思われるレプリカントの骨が発見される。上司のジョシから骨の調査を命じられたKは、人間とレプリカントをめぐる秩序を崩壊させかねない重大な秘密を解き明かしていくことになる。

ヴィルヌーヴ監督が追究する「記憶の力」「過去の力」

この映画には、リック・デッカードが再登場し、彼とレイチェルのその後も明らかにされる。だが、続編としての展開だけが見所というわけではなく、しっかりとヴィルヌーヴの作品になっている。圧倒的なヴィジュアルや強烈な存在感を放つキャラクターには、彼の独自の視点や世界観が埋め込まれている。但し、ネタバレは極力避けたいので、内容にはあまり踏み込まない。

ヴィルヌーヴは海外の複数のインタビューで、この映画の脚本に惚れ込んだ理由について、彼がこれまでの作品で追究してきたテーマを扱っていたからだと語っている。彼はそれを「記憶の力」や「過去の力」というように表現している。

では、ヴィルヌーヴはそんなテーマをどのように掘り下げてきたのか。彼の監督作は、カナダで評価を確立するまでの作品とアメリカに進出してからの作品に大きく分けられる。前者では、監督だけでなく脚本も手がけているのに対して、後者では脚本にクレジットされていないからだ。ここで筆者が注目したいのは前者の作品だ。そこからは、記憶や過去に対する一貫した視点が浮かび上がってくるだけでなく、ヴィルヌーヴが新作の脚本に惹かれた別の要素も見えてくるように思える。

ヴィルヌーヴの原点といえる短編『REW-FFWD』(94)については、彼の前作『メッセージ』を取り上げたときに詳しく書いた。そのユニークな構成には記憶や過去への強い関心が表れている。映画の冒頭に主人公の記憶や経験をすべて記録したブラックボックスと呼ばれる装置が映し出され、タイトルが示唆するように巻戻しや早送りの操作を行うことで、彼の意識の変化や解放が浮き彫りにされていくからだ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

ロイター企業調査:貿易紛争は4割に影響、日米FTA

ワールド

アングル:北朝鮮、未完成の核兵力容認し実験停止 対

ビジネス

日経平均は続落、米ハイテク株安と為替の円安とが綱引

ビジネス

世界的な貿易戦争、経済にマイナス=SF地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!