最新記事

シリーズ日本再発見

「なぜ外国人観光客は日本の文化を勉強しないのか」と聞かれたクールジャパン専門家は...

2023年01月13日(金)15時35分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
日本観光

写真はイメージです Satoshi-K-iStock.

<日本人の「おもてなし」はナルシシズムに陥っていると、内閣府公認クールジャパン・プロデューサーを務めるアメリカ人が指摘。観光客は勉強しに来るのではなく、休暇を過ごしに来るだけ。勘違いすべきじゃない>

日本が世界市場で生き残っていくためには、海外の人たちが持つ日本のイメージとは何かを知り、本当のインバウンド需要に寄り添っていくことが必要だ――。

ニューヨーク州生まれの国際コミュニケーション・コンサルタントで、「クールジャパンのエキスパート」であるベンジャミン・ボアズ氏はそう主張する。

だが現状は、日本人視点の「マイ・ジャパン」にこだわってしまっており、多くの日本人が誇りに思う「おもてなし」でさえもナルシシズムに陥っていると、内閣府公認クールジャパン・プロデューサーを務めるボアズ氏は言う。

ボアズ氏はこのたび、『日本はクール!?――間違いだらけの日本の魅力発信』(クロスメディア・パブリッシング)を上梓。海外視点の「ユア・ジャパン」で日本の商品・文化をPRすることの重要性を、ビジネスやコミュニケーション戦略の具体例とともに、わかりやすく解説した。

同書から、一部を抜粋して掲載する(この記事は抜粋の第2回)。

※抜粋第1回:日本の観光政策は間違いだらけ、「クールジャパン」の名称は自画自賛で逆効果だ

◇ ◇ ◇

おもてなしという名のナルシシズム

以前、着物や伝統舞踊などの専門家のグループに、クールジャパンについて講義をしたことがあります。講義の最後に、質疑応答の時間を設けました。

ある専門家が「外国人観光客が日本に来たとき、彼らはなぜ間違った態度をとるのか」と質問しました。その専門家は「外国人が日本に来るときは、日本の文化を勉強して、日本にいる間にもっと多くのことを学ぶべきだ」と言っていました。

また別の専門家からは、「なぜ外国人観光客は東京に来る前にもっと歴史を勉強しないのでしょうか? またどのようにして歴史について説明したらよいでしょうか」という声もありました。

ご想像のとおり、私はこれらの質問に答える前に考えなければなりませんでした。

世界が日本に関心を持つのはいいことかもしれませんが、ほとんどの観光客は勉強のために来ているわけではありません。ほとんどの観光客は、休暇を過ごすために来ているのです。

勉強熱心な学生のように彼らが振る舞わないことで、彼らに罪悪感を抱かせるのは「おもてなし」とは言えません。逆に、日本に来て良かったと思ってもらえれば、帰国後に日本について勉強する可能性が高くなります。

同じように、日本人が日本の文化を知らないことに罪悪感や恥ずかしさを抱いていると聞いたこともあります。ある講義では、聴講者の一人が「日本からの旅行者は、正しい説明ができるよう、出国前に着物や茶道を習ってパスポートにスタンプを押してもらうべきだ」と言っていました。

この本をここまで読んでくださった方には、私がこの意見にどれほど反対しているかは言うまでもないでしょう。

日本人に限らず、興味のないことを無理に勉強させるべきではないと思うだけでなく、お茶や着物について強制的に勉強をさせられた人が、果たして、それを誰かに説明したいと思うでしょうか。あなたはどうかわかりませんが、私は、自分が好きで勉強した日本のことなら人に話しますが、自分が嫌いなことは話しません。

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中