最新記事

シリーズ日本再発見

日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち

2019年08月20日(火)11時00分
高野智宏
日本はいま「○○レス」の時代!? 本来あるはずのものがないモノたち

iStock.

<ないほうが便利だから、あるいは、ないほうが健康的だから――。日本では近頃、さまざまな分野に「○○レス」が広がっているように思える>

近頃、「○○レス」という言葉を多く耳にする。レス(less)とは本来、「より少なく」を意味する形容詞だが、例えばコード(線)などの名詞と接続すると「コードレス(無線)」となり、それはコードレス電話機のように、本来あるはずのものがないモノやコトに対して使われることが多い。

意識せずとも、テレビやネットを流し見していれば、「キャッシュレス社会が本格的に到来!」や「いま女子に人気なのは、ジェンダーレス男子!」、または「半数以上がセックスレス夫婦という衝撃!」など、「○○レス」をキーワードとしたニュースや記事が目に飛び込んで来る。

「テレビレス」も出てきた家電「レス化」トレンド

なかでも、最も「レス化」が進んでいるのがAV・家電業界ではないだろうか。例えば、1980年代後半より普及し始めた先のコードレス電話機を筆頭に、コードレスアイロン、コードレス掃除機と、技術革新により「本来あるはずのコード」がなくなった家電製品は枚挙にいとまがない。

AV製品では近年、国内外のメーカーからイヤホンやヘッドホンを「レス化」したワイヤレスモデルが数多く登場している。スピーカーにも、鮮やかなカラーやユニークなフォルムをまとうデザイン性の高いモバイルスピーカーがラインアップ。アウトドアブームの今、大変な人気だ。

これらは「ないほうがユーザーにとって便利だから」というケースだが、AV・家電業界には驚くような「レス化」トレンドも訪れつつある。

「当店で顕著になっているのが『テレビレス』です。本当にごく最近の傾向なのですが、プロジェクターの性能が向上し、価格も下がってきたことから、テレビではなくプロジェクターを選ばれるお客様が増えているのです」と、ライフスタイルに沿った家電製品の提案に定評のある、二子玉川 蔦屋家電の「住」コンシュルジュ、遠藤哲也さんは言う。

遠藤さんによれば、その理由は「ニュースなどはスマホやPCで確認できるし、テレビでも結局観るのはNetfilixやHuluといった動画配信サービスが大半。また、テレビ番組も各局がネットでドラマなど人気番組の見逃し配信をしているため、テレビに時間を縛られる必要がなくなったから」なのだとか。

確かに、筆者の周りにも「オンタイムで観る必要がない」と数年前からテレビレスな生活を続ける人、引っ越しを機にテレビを手放したという知人もいる。

近年のプロジェクターは、10万円前後のエントリー機でも輝度やコントラスト比が高く、リビングなどの明るい空間でも投影された映像は実にきれいだ。プロジェクターの弱点であった音の悪さも、10万円ほどで最新の5.1chスピーカーシステムが手に入る。一般的に発売されているテレビは最大85型で価格は60万円以上。それに比べ合計20万円でホームシアターを構築できるとなれば、もはや「テレビレス」で十分かもしれない。

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!