コラム

なぜ日本でラグビーW杯は注目されないのか

2011年09月20日(火)12時49分

 日本人の間ではあまり関心が高まっていないが、ラグビーの第7回ワールドカップが始まっている。それまでは孤高のアマチュアリズムを貫いてきた15人制ラグビーだが、今から24年前の87年にワールドカップが始まり、16年前の第3回大会からプロ選手が容認されると一気に商業化が進み、W杯は今やオリンピック、サッカーW杯に次ぐ世界的なスポーツイベントに成長した。

 日本でラグビーW杯が注目されない原因は、実はW杯そのものにある。80年代から90年代初めにかけて、日本の国内ラグビー人気はサッカーなど言うに及ばず、野球や相撲に匹敵するほど高かった。早慶明と関西の同志社を軸にした大学ラグビーと、80年代は「北の鉄人」新日鉄釜石が、90年代は神戸製鋼が引っ張った社会人ラグビーの好カードで、最大収容人数5万人の国立競技場は満杯になった。

 ところが、95年の第3回大会で日本代表がニュージーランド代表オールブラックスに大会史上最多失点となる145-17というスコアで大敗すると、坂を転がり落ちるようにラグビー人気は下火になり、当たり前のように地上波で放送されていた国内の好試合も、CS放送と契約しないと見られなくなった。人気回復の切り札として03年に社会人ラグビー大会を改変したトップリーグをスタートしたが、日本国内でラグビーは未だにメジャースポーツの座を取り戻せていない。

 日本ラグビーを奈落の底に叩き込んだオールブラックスと日本代表が先日、予選プールで16年ぶりに対戦した。結果は既に報じられている通り、83-7でやはり大敗。失点が16年前の半分で済んだという見方もできなくはないが、圧倒的な力の差を見せ付けられただけで終わったという点では16年前と変わりない。しかも、なぜか日本代表はほぼ2軍といっていいメンバー編成でこの大一番に臨んだ。

 世界最強の相手に日本代表が2軍を当てたのは、「予選プール最低2勝」というジョン・カーワン監督が掲げる目標を達成するためだ。日本が予選プールでターゲットにするトンガ、カナダ戦にベストメンバーで臨むためには、初戦のフランスに続くオールブラックス戦では主力を温存したい。一見合理的な選択に見えるが、果たして正しい判断だったのか。

 元日本代表で早稲田大学とサントリーの監督を務めた清宮克幸・ヤマハ発動機監督が本質を突く論考を9月17日付朝日新聞朝刊に寄せている。


 今回のW杯の目的は「世界を驚かせること」だったはずだ。一言で言えば、ロマンがない。
 
 私ならベストメンバーを送り出した。「2勝」か「1戦必勝」か。究極の選択をめぐる議論に正解はない。それでも、日本のファンにしてみれば、ロマン、夢を見せて欲しかった。

 NZのヘンリー監督はスタメン発表後に主将マコウ、SOカーターら主力3人を引っ込めた。共に地震被害に見舞われた国同士。互い全力を出すことが礼儀であり、日本の非礼に怒った上での決断だろう。

「ロマン」という言葉はやや感傷的だが、それでも問題の本質を言い当てている。2勝と1勝なら2勝のほうがいいことは誰でも分かる。でも人がラグビーと言うスポーツに惹かれ、観戦し、あるいはプレーするのは、そこに打算を超えた勇気や知恵、ひらめき、そして情熱の発露を感じるからだ。以前読んだスポーツコラムから引用させてもらえば、ラグビーの本質は「魂の造形化」にある。打算とは正反対の存在だ。

 前回の07年大会で同じくニュージーランドとラグビー小国のポルトガルが予選プールで対戦し、ポルトガルは108-13で大敗した。しかしポルトガルは世界最高のチームと戦える喜びを全面に押し出して最後まで試合を投げず、オールブラックスも手を抜かない戦いぶりを貫いて共に世界から賞賛された。これこそが清宮氏の言う「ロマン」だ。

 プロ容認以降、日本でもトップリーグの導入以降、ラグビーの世界ではそれまで無縁だったデータや分析がものすごいスピードで普及した。至上の目的である勝利に到達するため、最も合理的な方法を選択するのはごく当たり前なのだが、その一方で「ロマン」が忘れられかけている。今やニュージーランドやオーストラリアの一流選手が来るようになったトップリーグの人気が今ひとつ爆発しないのも、その辺りのことが関係していると思う。今回のオールブラックス戦をめぐる一件はその象徴だ。

 今週水曜日(21日)に日本代表はトンガと、来週火曜日(27日)にはカナダと対戦する。ともに世界ランキングは日本より下だが、まったく油断はできない。特にカナダは初戦でトンガを破り、世界ランキング5位のフランス相手に日本以上の大健闘を見せる「ロマン」あふれるチームになりつつある。もし敗れれば、それは単なる1敗ではすまないだろう。

 8年後にはこのラグビー・ワールドカップが日本で開かれるのだ。

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

米共和党、中間選挙にらみ支出拡大 5月は民主党の倍

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

ワールド

日米韓、北朝鮮巡りきょう協議 米特使が訪韓

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中