コラム

創業者に見捨てられたツイッター?

2011年07月13日(水)13時41分

 今日発売のニューズウィーク日本版7月20日号(表紙はポツンと小さくなった菅首相)に、ツイッター・ファン(そしてアンチ・フェースブック派)にはとても気になる記事が載っている。「創業者たちが逃げ出すツイッターの内実」だ。

 この記事を読むまでは、正直言って創業者が4人いることさえ知らなかった。そのうち3人が、ツイッターの経営を投げ出そうとしているというのだから深刻だ。本誌テクノロジー担当のダニエル・ライオンズが、ライバルと比べた経営の実状や障害についてリポートしている。

 それによれば、共同創業者の一人、ビズ・ストーンは、ツイッターを生んだ元の起業支援ビジネスに戻る。おそらく「連続起業魔」を目指しているのだろう、と英フィナンシャル・タイムズ紙などは書いている。また昨年10月には、グーグル出身のディック・コストロが共同創業者のエバン・ウィリアムスに代わってCEOの地位に就いている。報道によればこの人事は、ツイッター人気を金に、ユーザー増を収入に換えることに経営の舵を切るためのものだという。

 一般のツイッター・ファンとしては複雑だ。利益を上げることより連続起業魔を目指すような創業者が経営していたからこそツイッターは自由だったのかもしれない。1年ほど前に使い始めてから、目立った新機能が追加されるわけでもなく、検索機能が強化されるわけでもなく、不便なものは不便なままだが、シンプルでオープンな使いやすさはずっと変わらなかった。

 これが、ありとあらゆる方法でユーザーと自社サービスの間に割り込み、あれしろ、これしろと指図して(最近では「お友達のAさんはこの質問に答えました。答えを知りたければあなたも質問に答えましょう」という余計なお世話の「チェーンQ&A」)、広告主に売るユーザー情報をあの手この手で集めようとするフェースブックのようになってしまったら、いくら利益が上がるようになってもそれはもはやツイッターとは言えない気がする。

 その辺は、実力派のライオンズがシリコンバレーでがっちり監視してくれるに違いない。
ライオンズは、かつて偽スティーブ・ジョブズとして書いたパロディ・ブログで一世を風靡し、フェースブックにはいち早く決別宣言をしたトレンドセッター。ツイッターの今後の成り行きも含めて、ニューズウィーク日本版でフォロー必至です。

──千葉香代子(本誌記者)

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選

ビジネス

東芝議長「果たすべき責任ある」と残留を説明、株主総

ワールド

日本側が首脳会談取り止めとの事実はない、韓国に抗議

ワールド

NATO首脳会議、中国を安保リスクと初めて位置付け

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中