コラム

『アイリス』も『推奴』も腹筋で勝負?

2010年04月11日(日)21時05分

 ちょっと前まで、「冬ソナ」で爆発した韓流ブームも下火になった、なんて声も聞かれたけど、そんなこと全然ない。BSでは各局、朝から晩まで放送してるし、最近は地上波でも朝10時台や午後2時~4時あたりに韓ドラを編成してきている(民放各局が夕方の時間帯にドラマの再放送ばかり流すようになったのは一体いつから? 制作費カットで海外ドラマを買ったほうが安上がりだから? ネット社会で視聴者離れ? どっちにしても、こうもリサイクルばかりだと、いい加減うんざりしてくる)。

 そして遂に4月からはゴールデンにも進出だ。TBSが21日の水曜9時からイ・ビョンホン主演の『アイリス』をスタート。ゴールデンに韓国ドラマ、しかも1クールではなく6カ月だというから衝撃的だ(同ドラマに関しては、TBSが制作費を一部出しているらしい)。また、フジの木曜10時ドラマ『素直になれなくて』には、先日活動休止を発表した東方神起のジェジュンが準主役級でキャスティングされている。

 こうしてみると、韓流はもう「ブーム」といった一過性のものではなく、コンテンツのひとつとして日本のお茶の間に「定着」したようだ。

 そんな韓流を生み出すお隣の国、韓国の芸能界では最近、板チョコのように6つに割れた腹筋「6パック」が花盛りだ。韓国の俳優さんが「モムチャン(いい体)」ぞろいなのは、よく知られるところだが、近頃はそのモムチャン度、気合の入れようがスゴい。そして露出度もスゴい。

 なかでもスゴかったのは、3月に終了したばかりの時代劇『推奴(チュノ)』。チャン・ヒョクやオ・ジホといった元々いい体をしてる主演俳優陣が、このドラマのためにさらに鍛え上げ、やたらと上半身はだかのシーンが多い。なんでも監督のイメージは映画『300』だったらしく、俳優たちは撮影現場にダンベルなどを持ち込んで競うように筋トレに励んでいたという。

 アイドルも負けてない。「獣ドル」と呼ばれ昨年ブレイクした2PMからRain(ピ)プロデュースのMBLAQまで、どのグループも雄たけびをあげながらシャツを引きちぎったり、まくり上げるパフォーマンスが目立つ。

『推奴』は「筋肉効果」もあって、序盤から高視聴率を出し続けて終了した。ちなみに『アイリス』も、イ・ビョンホンが所々で見事な上半身を惜しみなく披露してるはず。

 見る側としては、6パック(個人的には上腕二頭筋も)大歓迎だが、あまりに露骨に「狙ってる」のが感じられると、かえって萎えてしまいそうだ。まあ、他人の体をどうこう言う前に、だらしない我が身をなんとかしなくてはいけないのだけど......。

 ちょっと余談になるが、韓流は中東のイランでも大人気だ。3年前にイランに行ったとき、泊めてもらった友人のママさんが、昼下がりにテレビにかじりついていた。何を見てるのかとのぞいてみたら、『宮廷女官チャングムの誓い』。街のニューススタンドには、チャングムを表紙にした雑誌が並ぶぐらいの人気だった。

 『チャングム』の後は『朱蒙』が放送されて、これまた大ヒット。主演のソン・イルグクが昨年テヘランを訪問した際には、イランの韓流ファンに熱狂的な歓迎を受けたという。

 同じ時代劇とはいえ、露出の多い『推奴』がイランで放送されることはまずないだろう。でも万が一、アハマディネジャド様がゴーサインを出してお茶の間に......、ママさんは韓国語を借りるなら「オモ、オモ、オモ」と言いながら両手で顔をおおってしまうことだろう。

──編集部・中村美鈴

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story