注目のキーワード

コラム

和田アキ子主演、低予算でご都合主義なのに『裸足のブルージン』はなぜ面白かったのか?

2022年03月09日(水)20時55分
『裸足のブルージン』

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<理由はよく分からない。藤田敏八監督の作品なら、『赤い鳥逃げた?』か『八月の濡れた砂』を取り上げるべきかもしれない。だから、もう一度観て確かめたい。可能ならば>

『裸足のブルージン』の公開は1975年。西河克己が監督した『絶唱』とのカップリング上映だったようだが、僕は『絶唱』を観ていない。当時は封切りで観ることはまずなかったから、例によって池袋か高田馬場の名画座(二番館か三番館)の藤田敏八監督特集などで観たのだろう。

観たのはそのとき1回だけ。本来なら原稿を書く前に再見すべきだ。ところがDVDは出ていないようだ。配信ももちろんない。

でも書きたい。思い込みや誤読や無自覚な記憶の編纂があるかもしれないが、それも含めて映画体験なのだ。だから以下は、自分の記憶とネットで拾った情報の断片の合作だ。

主演は和田アキ子。つまり山口百恵が主演した『絶唱』とのカップリングが示すように、ホリプロの製作だ。要するにアイドル映画。だから他の出演者たちも、この時期のホリプロ所属のタレントが多い。

でももちろん、ホリプロ一色では映画にならない。脇を固めるのは原田芳雄、山本伸吾、中原早苗、テレサ野田、伊藤雄之助、大門正明など藤田敏八の映画の常連俳優が多い。

藤田監督の作品なら、本来は『赤い鳥逃げた?』か『八月の濡れた砂』を取り上げるべきかもしれない。評価も知名度も本作よりはるかに高い。でも僕はこの2作品が苦手だ。嫌い、ではない。苦手という言葉がぴったりくる。これ見よがしがどうしても鼻につくのだ。

しかし本作には、その意味で気負いがない。どうせアイドル映画だと力が抜けている。だいたいブルージンってなんだ。ポスターのメインビジュアルはブルーのジーンズをはいた和田アキ子。ジンじゃなくてジーンです、と誰も指摘しなかったのか。でもその緩さがいい。

舞台は地方都市にあるドライブイン。オーナー・とし江(和田)の恋人だったプロボクサーの風間は、今は亡くなっている。そのドライブインが、地権者だか金貸しだったか、伊藤雄之助演じるボクシングジムの会長の企みによって売却されそうになる。

そこへ風間の古い友人だった山本(原田芳雄)がやって来る。とし江の弟の久(山本伸吾)は2階の床に穴を開けて、真下にいる会長のウイスキーのグラスに青酸カリを垂らして殺害しようとする。そこにもう1人ボクサーがやって来て、泥酔した山本と殴り合いを始めそうになる。

ロケはほぼドライブインの中と周囲だけ。時間軸もほぼ1日。明らかに低予算映画だ。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

ビジネス

ロシア産石油の価格上限、報復なら原油380ドルも=

ワールド

岸田首相の石油価格上限「半分」発言、ロシア大統領府

ビジネス

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中