コラム

迫りくるもう一つの米中逆転

2021年05月05日(水)20時43分

図1に見るようにアメリカと中国の平均寿命の差は次第に縮まっており、2019年までの趨勢で行くと2025年には中国の平均寿命がアメリカのそれを上回りそうだ。

そこへ世界的なコロナ禍が襲ってきた。中国における新型コロナウイルス感染症による死者数は5月2日までの累計で4636人。中国の人口規模を考えると、コロナ禍によって平均寿命に目に見えるような影響が出るとは考えにくい。2020年時点での平均寿命が明らかになるのは今年6月頃であるが、おそらく77.5~77.6歳になるだろう。

一方、アメリカでは、最近の国立衛生統計センター(NCHS, CDC)の発表によると、2020年前半の時点での平均寿命は77.8歳と、2019年より1年縮まってしまった(Wamsley, 2021)。中国との差は0.2~0.3年でしかない。

注意したいのは、2020年前半の時点ではアメリカでのコロナ禍の死者数がまだ12万7600人だったということである。2021年5月初頭の時点で、アメリカのコロナ禍による死者数は57万人を優に超えている。となると、アメリカの平均寿命はさらに短くなるはずである。

2020年のアメリカの平均寿命については、南カリフォルニア大学のアンドラスファイらが2020年10月までの情報に基づいて行った推計がある(Andrasfay and Goldman, 2021)。そこでは2020年末時点での死者数に応じて高位(34.8万人以下)、中位(32.1万人以下)、低位(27.6万人以下)という三つのシナリオが提示されているが、実際の死者数は35.1万人と高位シナリオを上回ったので、ここでは高位シナリオに基づく推計を紹介しよう。

それによると、2020年の平均寿命は77.4歳となり、コロナ禍がなかった場合の推計値(78.6歳)より1.2年短く、中国を下回る(図1の点線)。

「ヒスパニックは長生き」の謎

しかも、人種間の寿命格差が拡大する。黒人の平均寿命は72.6歳となり、コロナ禍がなかった場合の推計値(74.9歳)より、2.3年も短くなってしまう。ヒスパニックを除く白人の平均寿命は78.5歳から77.8歳へ0.7年縮まるのみなので、黒人たちがコロナ禍の打撃をひときわ強く受けていることがわかる。

一方、ヒスパニックはもともと白人より平均寿命が長く、もしコロナ禍がなければ2020年には81.8歳になっていた。所得も学歴も低いヒスパニックが白人よりも長生きする現象は人口学者たちによって「ヒスパニック・パラドックス」と呼ばれている。それはヒスパニックの方が喫煙率が低いからだとか、ヒスパニックが健康を害した場合にアメリカを出て故国に帰るからだともいわれてきた。しかし、今回のコロナ禍では多くのヒスパニック住民が犠牲となったため、平均寿命が3.3年短くなり、78.5歳になるという。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米地銀NYCB、第4四半期赤字が当初発表の10倍以

ビジネス

中国のEV関連対外直接投資、昨年は過去最高の情勢=

ワールド

チリのSQM、リチウム価格が当面安定と予想 年内の

ワールド

G20財務相会議、共同声明見送り ウクライナ紛争な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story