Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.10.13号(10/ 6発売)

特集:中国ダムは時限爆弾なのか

2020年10月13日号(10/ 6発売)

Cover Story

繰り返される長江・三峡ダムの決壊騒ぎ ── 世界が注目する巨大インフラに潜む本当の危機

中国 世界最大の中国ダムは本当に決壊するのか
インフラ ダム輸出国の責任と無責任
メディア ダム崩壊論が毎年ネットでバズる理由
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

最悪の討論会とトランプ感染と

米大統領選 バイデンとの罵倒合戦と大統領のコロナ感染は選挙をどう変える

「東京2021」に疑惑の暗雲再び

五輪 招致委のカネをめぐる問題が再浮上し、改めて説明責任が問われている
【Periscope】
NORTH KOREA 射殺事件で謝罪した金正恩の真意
UNITED STATES ニューヨークで郵便投票ミスが発覚
INDIA インドの感染者数は公式発表の10倍?
GO FIGURE BTSの所属事務所が超大型IPOへ
【Commentary】
イギリス パブ営業短縮はコロナ対策の悪手──コリン・ジョイス
欧州 「西側」という概念が崩れ去る日──ヨシュカ・フィッシャー
米政治 文化戦争がトランプの追い風に──ナイジェル・ファラージュ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 陰謀論者が全米で蜂起するとき──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 GM提携を選んだホンダの正しさ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 娘に整形を勧める韓国系の姑に困惑
あなたの人生 聞かせてください 「嵐が好き」から始まる人生の物語──久保田智子
森達也の私的邦画論 1人の男と2人の女 本当の「鬼畜」は誰なのか──森達也
【World Affairs】
南カフカス 因縁の戦いが再燃した訳
ルポ カシミール住民の嘆きを聞け
【Features】
環境 SDGs優等生の不都合な真実
【Life/Style】
Art ニューノーマルな美術館で没入型アートに浸る
Music 不安の時代に黒人夫妻デュオが癒やしで参戦
Comedy セシリー・ストロングのストロングな進撃
Movies 不法移民のタブーに挑むインド出身監督
Mystery シャーロックの世界で女性陣が活躍
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 麻薬組織と戦う自警団の歪み
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 李娜兀──『スーホ』は子供に悲し過ぎないか
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中