Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.1.14号(1/ 7発売)

特集:台湾のこれから

2020年1月14日号(1/ 7発売)

Cover Story

蔡英文が総統選で再選すれば中国はさらなる強硬姿勢に? 「一国二制度」と統一を迫る習近平の次なるシナリオとは

総統選 「蔡英文再選」後の台湾はどこへ
選挙民 総統選に揺れる台湾人の思い
中台関係 あえて台湾に勧める毛沢東戦術
日台関係 難民クライシスに日本は備えるべきだ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

北朝鮮もイランも大統領はお手上げ

米外交 一触即発の状況にトランプ政権は経験も人材も欠く
【Periscope】
IRAN 報復を誓うイラン軍の本当の実力
BRITAIN ブレグジット詐欺で稼ぐ密航業者たち
INDIA 打倒アマゾンののろしがインドで上がる
GO FIGURE アメリカは「銃乱射の時代」へ
【Commentary】
視点  日本護衛艦の中東派遣は正しい選択──グレン・カール
日本  「下働き国家」への凋落を回避せよ── 河東哲夫
イスラム教  見過ごされたテロ攻撃の兆候── 飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 2020年の中国で増えるのは── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 初心者こそ「長期投資のすすめ」── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 1 人が好きな娘はこのままで大丈夫?
たかがジョーク、されどジョーク 新年、世界の聖職者が集まった── 早坂隆
【World Affairs】
景気 2020年世界経済が抱える時限爆弾
イギリス スコットランドの独立を占うあの教訓
【Features】
CSR  「会社」は誰のためにあるのだろう?
企業  銃の悲劇をなくすために
ランキング  責任あるアメリカ企業100社
【Life/Style】
Movies 韓国の格差社会を描く『パラサイト』
Movies 『ダウントン』ご一行様が帰ってきた!
Movies イーストウッド最新作が女性記者の描写で炎上
Books 2020年のあなたを刺激するアメリカの20冊
Television ジェンダーと世代間の垣根を越えて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 金融エリートたちの意外で普通な苦悩
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye── 西村カリン 五輪の年だから死刑について考える
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中