Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.5.14号(5/ 8発売)

特集:日本の皇室 世界の王室

2019年5月14日号(5/ 8発売)

Cover Story

民主主義国の君主として伝統を守りつつ変化にも対応する── 日本の皇室と世界の王室が新時代に果たすべき役割とは

君主制 歴史を紡ぐ日本の皇室、世界の王室
図解 変わりゆく世界の王と王室
人物 知っておくべき王室メンバー10人
データ 数字に隠された君主たちの真実
英連邦 オーストラリアに英国王は必要か
統治 秘境ブータンが汚職退治できた訳
仕事 オランダ国王の知られざる副業
夫婦 デンマーク王配が泣いた男女不平等
日本 令和時代の天皇像をどう描く
【PERISCOPE】
InternationaList
VATICAN 法王を「異端者」とする書簡の衝撃
JAPAN 自衛隊の多国籍軍参加へ無視できない一歩
PHILIPPINES ドゥテルテがゴミ問題で「宣戦布告」
RUSSIA 人類が開発した罰当たりな動物兵器
GO FIGURE 「ゲイの大統領誕生」アメリカ人の本音は?
SPAIN スペイン版トランプのポピュリスト旋風
INDONESIA ジャカルタが首都でなくなる?
BRITAIN 2大政党共倒れ、ブレグジットはどこへ
News Gallery
CUBA メーデー大行進で米批判を叫ぶキューバ
BRITAIN ブレグジットは踊る、されど進まず
Asia
SRI LANKA 連続テロとエリートのゆがんだ使命感
U.S.Affairs
ムラー特別検察官よ、捜査報告書の真意を語れ
ムスリム同胞団のテロ組織指定で失うもの
【FEATURES & ANALYSIS】
ベネズエラ 独裁打倒の失敗とアメリカの無責任
視点 その武器庫、かなり危険につき
テロ スリランカの惨劇に日本が学べること
外交 日韓が近づく危険な限界点
BY THE NUMBERS  しぶとく大流行するはしか
【LIFE/STYLE】
Music ストリーミング配信は環境に優しくない?
Movies 米最高裁「最強の85才」が刻んだ歴史
Movies 1999年こそ映画の当たり年!
Art ジャマイカのカーテンの向こう側
【DEPARTMENTS】
Perspectives
Superpower Satire 「弾劾絶壁」に立つのはトランプか?(パックン)
PicturePower 「差別なき国家」の差別的な現実
Letters
People

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!