Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2019.4.30号(4/23発売)

特集:世界が尊敬する日本人100

2019年4月30日号(4/23発売)

Cover Story

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

プロフィール 世界が本当に評価する天才・異才・鬼才
Heroes Icons 国境を超え壁に挑み続けるヒーローたち
渡辺直美(お笑いタレント)/大坂なおみ(プロテニスプレーヤー)/伊藤比呂美(詩人)/香川真司・本田圭佑・岡崎慎司(プロサッカー選手)/若宮正子(世界最高齢アプリ開発者)/イチロー(元メジャーリーガー)/梅原大吾(プロゲーマー)
Challengers 不可能を可能にする挑戦者たち
遠藤謙(義足エンジニア)/川島良彰(コーヒーハンター)/近藤麻理恵(片付けコンサルタント)/笈川幸司(日本語教師)/石上純也(建築家)/堀江愛利(起業家)/チェリー吉武(お笑いタレント)/羽生結弦(フィギュアスケート選手)/井尻雄士(会計学者)
Artists Entertainers 創造力で魅了するアーティストたち
蒼井そら(タレント)/相馬よよか(ドラマー)/是枝裕和(映画監督)/藤田嗣治(画家・彫刻家)/野沢雅子(声優)/石内都(写真家)/挾間美帆(ジャズ作曲家)
Rest of the Best 学者から役者まで、世界が驚いた日本人
青山剛昌(漫画家)/原研哉(デザイナー)/本庶佑(医学者)/伊藤詩織(ジャーナリスト)/岩田守弘(バレエダンサー)/加藤崇(起業家)/キズナアイ(YouTuber)/草間彌生(芸術家)/南谷真鈴(冒険家)/村嶋孟(飯炊き仙人)/中満泉(国連事務次長)/岡見勇信(格闘家)/貞子(怨霊)/齋藤憲彦(発明家)/スプツニ子!(美術家)/サーロー節子(反核運動家)/ほか
【PERISCOPE】
InternationaList
VENEZUELA 迫る包囲網にマドゥロが民兵大動員
UNITED STATES ムラー報告書で疑惑は晴れず
NORTH KOREA 戦術兵器試射は米朝決裂の予兆か
CUBA キューバ・ベネズエラ接近にボルトン激怒
UNITED STATES 禁煙の波にたばこ会社が商機
UKRAINE ロシアのどす黒い影が大統領選に
CHINA 中国「一帯一路」夢のあとさき
News Gallery
CHINA 火星テーマパークがゴビ砂漠に出現
INDONESIA 再選ジョコはもはや庶民派でない
Asia
TAIWAN 総統選に波乱? フォックスコン会長が出馬
【FEATURES & ANALYSIS】
フランス ノートルダム再建の道は遠い
米政治 トランプ「護衛官」バーのロシア疑惑
米大統領選 サンダースに怯える民主党
韓国社会 韓国が無視できない年金危機
インドネシア 宗教と民主主義の危うい関係
BY THE NUMBERS  不治の病でなくなった癌との闘い
【LIFE/STYLE】
Television 主役を奪われたミュージカルの女王
Movies 言論バトルを生んだ問題意識
Movies 本当はエロチックなアラビアンナイト
Movies アメコミ映画の新境地『シャザム!』
Art アートシーンに息づくパンクのエネルギー
Books 闇世界を牛耳る頭脳派麻薬王を追う
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国の「黒悪勢力」って一体何?(唐辛子)
PicturePower 中国ワインは砂漠から世界へ

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!