Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.2.27号(2/20発売)

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018年2月27日号(2/20発売)

Cover Story

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

ルポ 「南北融和」韓国人のホンネ
メディア 保守vs革新の埋まらない溝
視点 半島外交の主導権を取り戻した文在寅
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 銃メーカーの株が乱射事件で上昇
SOUTH AFRICA ズマ辞任後の南アに3つの提言
VENEZUELA 米軍攻撃を恐れる被害妄想ベネズエラ
RUSSIA ロシアの除雪員を働かせる魔法の呪文
FRANCE マクロン徴兵制案に早くも批判噴出
ISRAEL 無力過ぎるネタニヤフ起訴勧告
UNITED STATES 米経済に「双子の赤字」危機再び
SOUTH KOREA 五輪熱戦で南北対立も雪解け?
Asia
BRUNEI 金持ちブルネイが中国の腰巾着に
CHINA 「献血」取り締まりで患者は虫の息
U.S. Affairs
トランプ支持派と反対派をロシアはなぜ支援した?
仮想通貨「採掘」の新手口
王者ホワイトにセクハラ疑惑
【FEATURES & ANALYSIS】
スキャンダル 慈善団体の非道を大目に見るな
外交 日ロ関係は今年も失望続きに
トルコ ISISに目をつぶるエルドアンの誤算
イタリア お騒がせ元首相が返り咲き?
ロシア プーチンが頼る「影の部隊」
軍事 中国がAI潜水艦で海の覇権を狙う
米軍 遺伝子編集で植物をスパイに
インド LGBT革命のリーダーは王子様
自然 漂流プラスチックがサンゴを殺す
環境 大気汚染リスクは豊かな大地に潜む
【LIFE/STYLE】
Work 北欧の働く母親も楽じゃない
Movies トランスジェンダー女優の豊かな演技力
Movies S・コッポラの厚みに欠ける新作
Movies 異文化ラブコメの妙味『ビッグ・シック』
Gadget 爪に貼るだけ極小の紫外線センサー
Health お酒好き+熱いお茶は食道癌に要注意
Health アルツハイマー予防に外国語を学ぼう
Music 老パンク野郎の熱くマルチな第2幕
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire カエルをもって知る親の恩?
Picture Power 南スーダンの子供たちが再び戦場に帰る日
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中