Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.3. 6号(2/27発売)

特集:禁断の医療

2018年3月 6日号(2/27発売)

Cover Story

科学と倫理の限界に挑む「エクストリーム医療」は老化や難病克服の突破口か、神への冒瀆か

医療 頭部移植は狂気か、革新への一歩か
血液 「若い血を輸血して老化を防止できる」
生命 死んだ息子の精子で孫を
人体 冷凍保存で人は不死身になれる?
遺伝子工学 DNAの「編集」をどこまで許すか
異種移植 遺伝子改変ブタでヒトの臓器を供給
生殖 3人の親が生むジレンマ
精神医療 癌患者の心を救う? 危険な「幻覚キノコ」
組織 極小の「人間の脳」が切り開く新領域
自殺 苦しまずに旅立つ安楽死マシン
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA 国際社会が止められないアサドの「蛮行」
VENEZUELA 経済危機で国民がやせ細る
ISRAEL 側近証言がネタニヤフを追い詰める
RUSSIA 4選確実プーチンが怯えるサイバー攻撃
UNITED STATES 銃乱射事件が米世論を動かした
MEXICO ポピュリスト大統領が次はメキシコに?
TURKEY 「性犯罪者は去勢せよ」
THAILAND タイ「赤ちゃん工場」事件の親権は
Asia
TIBET 「ウイグル監視社会の起源はチベット」
CHINA インド太平洋戦略vs一帯一路の勝者
SOUTH KOREA 韓国でもトランプ政権の素人ぶりが
U.S. Affairs
大富豪ソロスの「陰謀」が世界中で囁かれるのは
トランプ不人気でバイデン大統領の現実味
Olympics
トランプ不人気でバイデン大統領の現実味
【FEATURES & ANALYSIS】
半島情勢 融和vs鼻血作戦、核危機の行方は
米政治 疑惑のメモで疑惑をもみ消す男
キリスト教 「アメリカの伝道師」逝く
欧州政治 イタリア極右のすみ分け作戦
オリンピック 「この2人、付き合ってるの?」
流体力学 高速ザメの「肌」に燃費向上の秘密
【LIFE/STYLE】
Movies 半魚人との愛『シェイプ・オブ・ウォーター』
Movies ウォーターゲート神話を崩す新視点
Books 盗用検出ソフトでシェークスピアのパクリが
Music どうしちゃったの、ジャスティン?
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 借金大国でもお金持ちは減税
Picture Power カザフの草原に残る核の爪痕

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!