Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.2.20号(2/14発売)

特集:AI 新局面

2018年2月20日号(2/14発売)

Cover Story

仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

テクノロジー AIが人間に雇用を取り戻す日
■情報 正しく理解するための基礎知識
インタビュー 「AIを制するのは中国だ」
製薬 難病の治療薬もデータが見つける
音楽 AIロックスターがやってくる
課題 「差別するAI」が生まれる理由

ウイグル「絶望」収容所

中国 共産党が新疆各地でウイグル人を大量収監し始めている
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 平昌「平和五輪」で米朝の駆け引き
UNITED STATES 株価急落でTPP復帰の可能性
GERMANY 優等生ドイツのルール違反
CHILE 法王の性的虐待「容認」にチリ国民が激怒
RUSSIA 米国防総省が懸念するロシアの核魚雷
TERROR ISIS女性戦士が求める「男女平等」
UNITED STATES 米中貿易戦争の静かな予兆
Asia
CHINA 中国から消えた「尖閣」地図
News Gallery
PHILIPPINES ドゥテルテが高級車を「処刑」
Business
VWの「サル実験」にノー! 変わり始めた倫理観
【FEATURES & ANALYSIS】
米政治 「機密メモ」が民主主義をつぶす
イラク 荒くれ民兵、政治家への道
仏政治 強い欧州を目指すマクロン「第3の道」
アメリカ 米政治を動かす女たちの反乱
イギリス ペット愛につけこむ子犬密輸ビジネス
新技術 2020年予測は本当に実現可能?
テクノロジー 水中でも通じる量子無線の新技術
【LIFE/STYLE】
Education 私のママは「タイガー・マザー」
Cosmetics #MeTooブランドで儲ける浅ましさ
Pet 「犬に服を着せるなんて」と嘆く人へ
Movies うまみの乏しい『グレイテスト・ショーマン』
Movies 悲しき殺人兵器の歌『悪女』
Movies 女性撮影監督が切り開くフロンティア
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire あのハーディング事件にそっくり
Picture Power 奇跡の力で富を生むガーナの教会

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!