Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.1.23号(1/16発売)

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018年1月23日号(1/16発売)

Cover Story

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

米政治 「炎と怒り」でトランプ大炎上
書籍 暴露本が明かす政権の深層
影響 この騒動の最大の敗者は誰だ
人物 コネと嘘と褒め殺し? 著者の成り上がり人生
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

「早期に北朝鮮を空爆せよ」

米軍事 南北会談後も核開発は進む──米国防専門家の先制攻撃論

荒療治は悲劇を生むだけだ

反論 空爆に踏み切れば死屍累々──米下院議員が語る異論
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES 議会聴取にバノンは何を語るのか
CHINA 中国製潜水艦が世界中で浮上する日
SOUTH KOREA トランプをおだてた文在寅の学習力
UKRAINE 汚職国家に逆戻りするウクライナ
SAUDI ARABIA 同性愛死刑のサウジでゲイが結婚式?
FRANCE 豚肉抜きの給食禁止はイスラム差別か
IRAN デモに学ぶイラン政府がネット規制の達人に
JAPAN 河野外交は官邸主導を変えるか
THAILAND 「こわもて」タイ首相パネルの使い道
Asia
CHINA 空母大国を目指し中国は進化を続ける
CHINA フランス「一帯一路」協力のメッセージ
U.S. Affairs
オプラが次期大統領候補になってはいけない理由
Business
トランプの経済運営に自慢するほどの手柄なし
【FEATURES & ANALYSIS】
イラン 反政府デモが問う派閥対立の深い罪
視点 富の集中がアメリカを壊す
原子力 ロシア放射能汚染の隠蔽は続く
トレンド セックスドールに中国男性は夢中
中国社会 あなたの代わりに酔っぱらいます
医学 野菜を食べて便エリートに
健康 口臭の真犯人は遺伝子だった?
環境 温暖化で湿度100%の悪夢が
自然 極地の雪が抱く生命の息吹
【LIFE/STYLE】
Books アメリカが震えるトランプの心の闇
Technology 飲み頃コーヒーをいつでも提供するマグ
Alcohol シャンパンの味は泡で分かる?
Health アルツハイマー病に効く?意外な薬
Movies 今度のパディントンも優しさで魅了
Movies サミュエル・L・ジャクソンが語る演技と挑戦
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 奇妙な実話が歴史になっていく
Picture Power 「黒い金」がポーランドを汚し尽くす
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中