Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.1.16号(1/10発売)

特集:THE GLOBAL ECONOMY 2018

2018年1月16日号(1/10発売)

Cover Story

トランプ政権、中国経済、金融緩和、ビットコイン...... ノーベル賞経済学者らが読み解く世界経済のリスクとチャンス

予測 「好調」世界経済の見えないリスク
格差 広がる不公正への処方箋
成長 景気拡大期こそ改革の好機
景気 政治と経済は「中心」なき時代へ
仮想通貨 ビットコインは主犯なき投資詐欺
中国経済 中国から始まるデジタル産業革命
金融政策 中央銀行が迎える正念場
通商 自由貿易システムはもはや風前の灯火
環境 地球を救うビジネスモデル
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 対話ムードでもミサイル計画は着々と
IRAN 救われなかったイラン庶民の怒りが爆発
RUSSIA プーチンが破壊する仮想通貨の理念
GERMANY 憎悪ツイート削除は言論の自由の侵害か
PALESTINE ISISがハマスに宣戦布告する理由
ITALY あのベルルスコーニが再び政局の中心に
CHINA 中国が迫る「最後の授業」
FRANCE 欧州を襲った冬の嵐の凄まじさ
Asia
JAPAN 安倍の新防衛大綱に予算の壁
CHINA 海のシルクロードに監視網が
TAIWAN 台湾を驚愕させた母子「養育費」裁判バトル
U.S. Affairs
中国vsアメリカの農業大戦争が始まった
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イラン制裁の皮肉な成果
北朝鮮 北のミサイルが失敗した意味
司法 「国際手配」が口封じの道具に?
米外交 それでもトランプはパキスタンを支援する
テクノロジー オーダーメイドのコンドーム革命
バイオ技術 机の観葉植物が照明になる?
【LIFE/STYLE】
Alcohol 意外にイケる人工ワインの将来性
Television ハマスもはまるイスラエル人気ドラマ
Health 汚れた霧が弱者をむしばむ
Music 「自殺がテーマでもキャッチーに歌う」
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 共産党がサンタを打倒する理由
Picture Power 「恥の壁」で隔てられたペルー貧困層

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にしたリスク管理と「ダサい」デザイン

  • 4

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!