Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.1.16号(1/10発売)

特集:THE GLOBAL ECONOMY 2018

2018年1月16日号(1/10発売)

Cover Story

トランプ政権、中国経済、金融緩和、ビットコイン...... ノーベル賞経済学者らが読み解く世界経済のリスクとチャンス

予測 「好調」世界経済の見えないリスク
格差 広がる不公正への処方箋
成長 景気拡大期こそ改革の好機
景気 政治と経済は「中心」なき時代へ
仮想通貨 ビットコインは主犯なき投資詐欺
中国経済 中国から始まるデジタル産業革命
金融政策 中央銀行が迎える正念場
通商 自由貿易システムはもはや風前の灯火
環境 地球を救うビジネスモデル
【PERISCOPE】
InternationaList
NORTH KOREA 対話ムードでもミサイル計画は着々と
IRAN 救われなかったイラン庶民の怒りが爆発
RUSSIA プーチンが破壊する仮想通貨の理念
GERMANY 憎悪ツイート削除は言論の自由の侵害か
PALESTINE ISISがハマスに宣戦布告する理由
ITALY あのベルルスコーニが再び政局の中心に
CHINA 中国が迫る「最後の授業」
FRANCE 欧州を襲った冬の嵐の凄まじさ
Asia
JAPAN 安倍の新防衛大綱に予算の壁
CHINA 海のシルクロードに監視網が
TAIWAN 台湾を驚愕させた母子「養育費」裁判バトル
U.S. Affairs
中国vsアメリカの農業大戦争が始まった
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 イラン制裁の皮肉な成果
北朝鮮 北のミサイルが失敗した意味
司法 「国際手配」が口封じの道具に?
米外交 それでもトランプはパキスタンを支援する
テクノロジー オーダーメイドのコンドーム革命
バイオ技術 机の観葉植物が照明になる?
【LIFE/STYLE】
Alcohol 意外にイケる人工ワインの将来性
Television ハマスもはまるイスラエル人気ドラマ
Health 汚れた霧が弱者をむしばむ
Music 「自殺がテーマでもキャッチーに歌う」
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 共産党がサンタを打倒する理由
Picture Power 「恥の壁」で隔てられたペルー貧困層

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 5

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 6

    中国に謝罪したNBAに米議員が猛反発

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 9

    千曲川周辺の救助活動続く 台風19号で広範囲に浸水…

  • 10

    韓国チョ・グク法相が辞任表明 親族の不正疑惑巡る批…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!