Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.1. 2号(12/26発売)

特集:ISSUES 2018

2018年1月 2日号(12/26発売)

Cover Story

トランプの想定外の言動は世界を戦争に追い込むのか? 新たな危機が迫る2018年の国際社会を読み解く

世界情勢 炎と怒りと秩序劣化の年が来る──グレン・カール
米政治 トランプの危機は始まったばかり──サム・ポトリッキオ
米中関係 習とトランプの危険な類似──クリストファー・バルディング
アジア 北の核危機に東京の使命は──小池百合子
中国政治 独裁体制を固めた習近平のアキレス腱──ミンシン・ペイ
ロシア 「賢帝」プーチンに死角あり──ジョン・サイファー
南米 破綻国家ベネズエラが瓦壊する日──マリア・コリナ・マチャド
メディア ネット情報操作との果てしなき戦い──サマンサ・ブラッドショー
中東 サウジvsイラン、新たな対立の構図──保坂修司
貿易 アジアの富はアメリカ抜きで──ケビン・ラッド
日本政治 支持率より日本を取り戻せ──河東哲夫
経済 「異次元」緩和からの出口を求めて──アレキサンダー・フリードマン
欧米政治 分裂の時代こそ、中道から革命を──トニー・ブレア
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
SPAIN プッチダモンが直面する本当の試練
SOUTH KOREA 平昌五輪を危機打開のきっかけに
SOUTH AFRICA ANC新議長は南アの救世主?
SAUDI ARABIA サウジに吹き荒れるミスコンへの猛反発
UNITED STATES トランプ税制改革が「#MeToo」の妨げに
EUROPEAN UNION 「トランプの壁」現象が欧州に上陸
PORTUGAL ユーロ圏経済の担い手はポルトガルに
CHINA 中国の湖に浮かぶ謎の幾何学模様
U.S. Affairs
「インフラ貧国」アメリカの改善点
Offbeat
インスタのスター犬、逝く
パンダのふんでできたティッシュをどうぞ
Entertainment
『最後のジェダイ』の評価が真っ二つの理由
シリーズ初のセクシーさに酔う
英王子から犬まで……カメオ出演を探せ!
【FEATURES & ANALYSIS】
アメリカ エルサレム首都認定の不毛度
中東 ミサイル群がサウジを襲う
米政治 対北朝鮮諜報戦の意外な主役
日中関係 習近平の深謀が和解のサインに潜む
台湾映画 台湾で政治映画がタブーな理由
性差別 #MeTooの舞台裏を語ります
科学 厳冬でも豪雪でも温暖化は否定できない
ネット SNSでの応援がバッシングに変わるとき
脳科学 かぶってピピピッ、頭が良くなる帽子
【LIFE/STYLE】
Movies 映画界を新銀河に導くSW最新作
Movies 『キングスマン』続編は風刺もパンチも不足
Technology ベッドのお供にスマートコンドーム
Technology シニアの脳の老化は3Dゲームで防ぐ
Art 「直感」に導かれた美の仕掛け人の歩み
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 人種差別のわいせつ男は敗れたが
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中