コラム

中国が日本に「都市化」を学ぼうとしているが、ちょっと待ってほしい

2018年04月04日(水)17時48分
中国が日本に「都市化」を学ぼうとしているが、ちょっと待ってほしい

TwilightShow-iStock.

<中国の経済改革のキーワード「都市化」。農村から都市に今以上に人を移転させようとしているが、この点では日本を見習ってもらいたくない>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

アメリカとの「貿易戦争」なんて言葉も飛び交うが、中国経済は堅調なようだ。その中国で、経済改革のキーワードの1つとして「都市化」が挙げられている。3月の全国人民代表大会で李克強首相が政府活動報告を行ったが、そこでも都市化が取り上げられた。

曰く、2013年からの5年間で8000万人あまりが農村住民から都市住民となり、都市化比率は52.6%から58.5%に向上した。2018年はさらに1300万人を農村から都市へと移転させる――といった内容だ。

これを見て分かるとおり、中国において都市化は良いこととして捉えられている。理屈は単純だ。農民よりも都市民のほうが生産性が高いため、農村から都市に移住すればそれだけGDPが向上するというわけだ。

でも、本当にそれほど単純な話だろうか。

「東京は人口集中で経済発展している」というが

中国の都市化問題におけるイデオローグの1人、東京経済大学教授で雲河都市研究院院長の周牧之は、昨年9月16日、揚子江都市圏発展計画国際諮問会議において、人口集約と都市化の重要性について発言している。

「東京を例に挙げよう。都市化の波にさらされる中、東京のDID(人口集中地区)人口比率は98%に達した。東京都市圏の人口密度は世界トップだ。大規模な人口集中により経済的特色も生まれた。経済規模が大きく、多様性に富み、政治・商業・研究という各種機能が一体となることでシナジーを生み、効率を上げている。人口集中地帯の長所とは、すなわち人口密度が低い地域では生まれ得ないサービス業や知識経済が発展すること。つまり集積の経済が起きるのだ」

確かに、都市では農村にはないさまざまな経済活動が起こる。この30年間、新宿・歌舞伎町で暮らしてきた私が最もよく理解している世界だ。

1つところに人が集まれば、そこに出会いがあり、交流があり、さまざまなアイデアとビジネスが生まれていく。そして、ついでに疲れた心を癒すための夜の経済も発展し、歌舞伎町案内人の出番となる(笑)。

こうなると良いこと尽くめのようだが、見落としはないだろうか。私はこの十数年間、作家、コラムニスト、ジャーナリストとして日本全国を巡ってきた。福島や熊本の被災地や長野の農村など、いわゆる田舎も見てきた。その経験からいうと、東京一極集中の代償は大きい。

きらびやかな都市を少し離れると、疲れ果てた郊外都市が現れる。田舎に行けば行くほど経済の衰退は露わになる。田舎の犠牲の上に都市の繁栄が成り立っていることは一目瞭然だ。

私は日本を愛しているし、中国には日本の良い点を見習ってほしいと思っている。しかし、大都市集中の構造はむしろ、良い点というより問題点ではないだろうか。中国が見習うべき美徳ではないはずだ。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相、交渉合意に自信 欧州側

ワールド

対米投資審査厳格化で合意、国防権限法案に盛り込み=

ワールド

原油先物上昇、サウジが8月の輸出減少見通し示す

ワールド

米ロ首脳会談で「何が起きたか知らない」=米国家情報

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 4

    ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

  • 5

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失…

  • 6

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    自殺教唆ゲーム『ブルーホエール』プレイ後、子供2人…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 一番怖いのはヒトだった

  • 4

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 5

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 6

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 9

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 10

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 6

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 7

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!