コラム

「嵐が好き」の先にある、言葉が織り成す人生の物語

2020年10月21日(水)17時45分

人の「縁」をつなぐ仕事をしている鈴木さん TOMOKO KUBOTA

<アイドルグループの「嵐が好き」の理由は人それぞれだ。ある女性に好きになった背景を聞いてみると、息子を亡くした彼女の言葉が紡ぎ出す、命をめぐる物語があった――>

「好きは好きだった。でも、そこまで好きという自覚はなかった」。

鈴木久美子さん(53)は何をする気力も失っていた。その理由を尋ねると、感情があふれだし、止まらなかった。「活動休止って聞いて、涙が出てきて。私、こんなに嵐のこと好きだったんだって!」。

嵐の話かい。私は心の中でズッコケたが、気合で真剣な表情を保ち、話を聞き続けた。大人気アイドルグループの嵐は、この年末に活動を休止する。涙するファンは多いだろう。

しかし、その悲しみは共通でも、そこに至った経緯はそれぞれだ。耳を澄ませば、その人固有の理由が浮かんでくる。鈴木さんの場合もそうだった。

鈴木さんは1967年に群馬県で生まれた。子供の頃から我が強く、自分のやりたいことにとことん没頭するタイプだったという。2011年3月10日、そんな鈴木さんに人生の転機が訪れる。

「息子がバスケの練習中に倒れたんです。急性心不全で、面会した時にはもう息をしていませんでした。18歳でした」。くしくも東日本大震災の前日で、揺れを感じたのは葬儀場に向かう霊柩車の中だった。「つむじから爪先まで、体中が悲しかった」。

脱力した日々に一筋の希望を与えてくれたのが、ジャニーズだった。「ぼーっと眺めていたテレビドラマに出ていた男性が息子にそっくりに見えたんです。息子がいるって」

その男性のことを調べると、ジャニーズ事務所のアイドルだと分かった。息子に会いたい、そう思うと力が湧き、ジャニーズのコンサートに行くようになった。特に嵐のコンサートは楽しかったという。

「それまでの私は1人が好きで一匹狼的なところがありましたが、嵐ファンとの交流で『人のつながり』を強く感じました。知らない人とコンサートに行ったり、コンサート会場でも初めましてがたくさんあり、そこから広がっていろんな人から息子をしのぶ声をもらったり、若い人に励まされました。人の『縁』をすごく感じるようになったと思います」

言葉に連なる文脈から見えてくるもの

鈴木さんは現在、千葉県にある社会福祉法人生活クラブが運営する特別養子縁組あっせん事業「ベビースマイル」で相談員をしている。さまざまな理由で実親が養育できない子どもと、子どもを望む養親の「縁」をつなぐ仕事だ。

「実親、養親、子ども、三者三様の人生を応援する仕事だと思っています。人の人生に深く関わるので責任の重い仕事ですが、うまく言えないけれど、しっくりくるんです」。それは、自分ではどうしようもできない状況に直面し、周囲の応援の大切さを実感してきた鈴木さんだからこその仕事のように感じた。

「嵐が好き」にこんな背景があったとは。私たちが日ごろ触れている言葉たちは、その人のほんの一部しか表していないのだとつくづく思う。人生を聞くとは、その人の今の言葉の文脈を知ることであり、想像もしなかった驚きや学びを聞き手に与えてくれる。

「あなたの人生聞かせてください」。試しに問い掛けてもらいたいと、心から思う。それは他者理解を深める糸口になると私は実感している。

<2020年10月13日号掲載>

プロフィール

久保田智子

ジャーナリスト。広島・長崎や沖縄、アメリカをフィールドに、戦争の記憶について取材。2000年にTBSテレビに入社。アナウンサーとして「どうぶつ奇想天外!」「筑紫哲也のニュース23」「報道特集」などを担当。2013年からは報道局兼務となり、ニューヨーク特派員や政治部記者を経験。2017年にTBSテレビを退社後、アメリカ・コロンビア大学にてオーラスヒストリーを学び、2019年に修士号を取得。東京外国語大学欧米第一課程卒。横浜生まれ、広島育ち。

ニュース速報

ワールド

米カリフォルニア州北部の山火事、延焼面積が急拡大 

ワールド

米家主団体、住宅立ち退き猶予措置の無効化求め提訴

ワールド

豪NSW州、新規感染者が過去最多262人 都市封鎖

ワールド

フィリピンCPI、7月は7カ月ぶり低い伸び コロナ

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中