コラム

コロナの教訓「バイオテロにワクチン備蓄で備えよ」 英健康安全保障専門家が指摘

2023年02月08日(水)20時42分
新型コロナウイルス(イメージ画像)

wildpixel-iStock

<新型コロナについてはウイルスの起源を含めていまだ不明なことが多く残されているが、将来に向けて得られた教訓も多くある>

[ロンドン]22年間、世界保健機関(WHO)で働いた経験を持つロンドン大学衛生熱帯医学大学院(LSHTM)感染症疫学教授で英王立国際問題研究所(チャタムハウス)グローバル健康安全保障センター長のデービット・ヘイマン氏が欧州ジャーナリスト協会(AEJ)で記者会見し、中国のゼロコロナ政策撤廃による感染拡大やバイオテロについて語った。

英医療系調査会社エアフィニティは独自のモデリングに基づき、2月7日時点で中国における1日当たりのコロナ新規感染者を275万人、死者を2万7000人と推計。ゼロコロナ政策を転換した昨年12月以降の累積感染者数は1億8100万人、累積死者数は130万人とみる。旧正月の祝賀行事のため旅行する人々の影響で農村部でより急速に感染が拡大している。

230208kmr_cvb01.jpg

中国のコロナ感染拡大見通し。新しい予測では2つのピークが接近している(エアフィニティの発表資料より)

ヘイマン氏は「コロナウイルスはかなり変異しており、以前より重症化しにくくなった。感染力は高まったが、重症化例は減った。中国も香港もゼロコロナ政策をとった。香港はその後、政策を緩和したが、高齢者へのワクチン接種が十分ではなく、死亡する高齢者が大量に出た。その後、中国も撤廃したが、感染状況を正直に報告していない」と危惧する。

「1月中旬に6万人死亡が報告されているが、非常に少ない数字だ。中国ではワクチン接種が人口全体に行き届いていない。中国はすべての情報をWHOと共有していないため、ワクチンの重症化に対する予防効果が低いのではないかと疑っている人も多い。それが接種率の低さにつながっている可能性がある」

コロナ危機が残した2つの教訓

230208kmr_cvb02.JPG

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院のデービット・ヘイマン教授(筆者撮影)

中国で新たな変異株が発生する可能性について「われわれは病気の深刻さが増したかどうか検出する優れたシステムを備えているので心配することはない。ワクチンも変異に合わせて6カ月以内に修正でき、生産量を増やすことができる。いま大切なのは、どこかで深刻な発生があった場合に調査し、感染を遮断できるようにすることだ」と助言する。

新型コロナウイルスの起源についてヘイマン氏は「私は2003年にWHOにいたが、SARS(重症急性呼吸器症候群)が発生していた。動物市場が発生源であることを示す決定的な証拠があった。動物もウイルスに感染していたし、市場労働者や地域住民にも抗体が見られた。しかし今回ウイルスがどこから来たのかを示す証拠がない」と根拠なき憶測に釘を刺した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story