コラム

「欧州で最も危険な女」ジョルジャ・メローニとは? イタリア初の女性首相誕生へ

2022年09月23日(金)14時10分
ジョルジャ・メローニ

イタリア初の女性首相に就任する見通しのジョルジャ・メローニ党首(22日、筆者撮影)

<9月25日のイタリア総選挙は、左派の分裂で右派連合の勝利が確実。極右とも称される「イタリアの同胞」のメローニ党首はいかにして国民の心を掴んだか>

[ローマ発]イタリア総選挙の投開票が25日に迫る中、ネオファシストに起源を持つ新興右派政党「イタリアの同胞」などの右派連合が22日夜、ローマのポポロ広場に数千人を集めて選挙集会を開いた。左派が分裂しているため右派連合の勝利は確実。「イタリアの同胞」のジョルジャ・メローニ党首(45)がイタリア初の女性首相になる見通しだ。

最新の世論調査によると、右派連合を組む「イタリアの同胞」24.7%、右派政党「同盟」(マッテオ・サルビーニ書記長)12.2%、中道右派「フォルツァ(頑張れ)・イタリア」(シルビオ・ベルルスコーニ元首相)7.7%。一方、分裂している左派は民主党21.5%、「五つ星運動」13%にとどまっている。

メローニ氏は集会で「麻薬の売人、泥棒、レイプ犯、マフィア」が最大の敵だとし治安の強化を約束、大統領制への移行を訴えた。メローニ、サルビーニ、ベルルスコーニ3氏は壇上で肩を並べこそしたものの、共有プログラムではなく、それぞれ自らの看板政策を強調した。選挙で左派に勝ち政権を握ることを優先した「野合」がいつまで続くか懸念を抱かせた。

220923kmr_irp02.JPG

左からサルビーニ、ベルルスコーニ、メローニの3氏(同)

「イタリアを復活させる理想的なリーダーがメローニ」

会計士になって60年のアントニオさんは「イタリアを復活させ、経済を再び活性化させる理想的なリーダーがメローニです。『イタリアの同胞』は極右政党ではありません。単なる右派政党で、極右とは違います。重要なのは祖国におけるわれわれの権利。特に家族の権利、増税されない権利です。イタリアの労働者のキリスト教的権利を取り戻したい」と語る。

「メローニが新しい首相になるのは、わが国でそれを実現できる唯一の女性だからです。メローニはイタリアを変えることができる唯一の女性です。これまでの災難からイタリアを救うことができるのは彼女だけです」とアントニオさんは力説した。「イタリアの同胞」人気は7月に崩壊した政権に参加していなかったことがプラスに働いている。

レストラン経営者のヴァンダ・ペレグリーニさん(50)は「私がメローニを支持するのは、彼女がイタリアで初めて首相になる女性だからです。彼女は常に市民の側に立ち、イタリア人の要求に応えてきた有能な女性です。最も重要なのは、彼女が若者のために、すべての家族のために、イタリアにふさわしい価値観を取り戻すために行っている活動です」と話す。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG、全世界で約150人の人員削減=関係

ワールド

トルコ国営ジラート銀行、ロシア決済システムの利用停

ビジネス

英減税計画、中銀のインフレ対応を複雑に=カーニー前

ビジネス

ECB利上げ、上限は2.25─2.50%の可能性=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 7

    英女王死去でデンマークが残念だった理由

  • 8

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 9

    チャールズ新国王は疲れを知らず瞬間沸騰もある、ス…

  • 10

    「アルツハイマー病は脳疾患ではないかもしれない」…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中