コラム

「欧州で最も危険な女」ジョルジャ・メローニとは? イタリア初の女性首相誕生へ

2022年09月23日(金)14時10分

「『イタリアの同胞』は極右政党ではなく、イタリアの愛国者の政党です。メローニがイタリア初の女性首相になったら、自分の考えやプログラムをすべて実行に移すことを期待しています。なぜなら彼女のプログラムは現実的なものと実現可能なもので構成された具体的なものだからです」

「政治は長年、若者の面倒を見てこなかった」

「メローニ大統領」とプリントされた青いTシャツを身に着けた男性は「選挙に勝つことが最も重要です。メディアに『極右』と呼ばれることを残念に思います。われわれは極右を羨望することはありません。メローニは間違いなくイタリア初の女性首相になります。メローニならイタリアが陥っている下向きスパイラルを上向きに変えることができます」と熱っぽく語った。

220923kmr_irp03.jpg

「メローニ大統領」とプリントされたTシャツを着た男性陣(同)

サルビーニ氏を支持するルーマニア出身のドイナさん(68)は50年前、イタリア人家族の養子として迎えられた。「サルビーニを支持する理由は私や多くのイタリア人の要求に応えてくれるからです。家族、学校、福祉、移民規制、パーマネントな仕事と未来を実現してほしい」と訴えた。移民規制の強化はもはや右派政策のスタンダードと化している。

16歳のガブリエル君は「イタリアの政治は年々悪化している。今は新しい政党がどんどん出てきています。新興勢力の『イタリアの同胞』が上手くいくことを期待しています。若者が政治にほとんど関心を示さないのは、長年にわたって政治が若者たちの面倒を見てこなかったからだと思います」と語る。

「イタリア政治への不安はだんだん膨らんでいます。私たち若者は本当に大変な思いをしています。学校と仕事の両面でもっと配慮してほしいと切に願います。私も成人したら、家を探したり、仕事をしたり、そういうことが問題になりそうです。この国では30年も前から若者のために作られた政策がありません。若者のための政治に取り組んでほしい」と訴えた。

極右に侵食される左派地盤

今年はベニート・ムッソリーニ率いるファシスト党員と民兵組織4万人余がローマに進軍し、国王から組閣の命を受け無血クーデターに成功、ファシズム時代の扉を開いた「ローマ進軍」から100年に当たる。メローニ氏は労働者階級が住むローマ南部の左派地盤に生まれ、子供の頃、祖父に手を引かれ市場の屋台に並んだ。左派地盤は押し並べて右派に侵食されている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコ沖のタンカー滞留、原因は原油価格上限ではない

ビジネス

仏トタルエナジー、ロシアのノバテックから撤退 評価

ワールド

中国とサウジ、世界石油市場安定の重要性を確認=共同

ワールド

インド首相、プーチン氏との首脳会談を今年は見送り=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中