コラム

今や最も恐いのは「狂信」ではない 「悪魔の詩」著者の襲撃事件が問う現代の危機

2022年08月18日(木)18時00分
サルマン・ラシュディ氏

サルマン・ラシュディ氏(2018年6月) Carsten Bundgaard/Ritzau Scanpix/via REUTERS

<「悪魔の詩」著者のサルマン・ラシュディ氏が襲撃された事件により、表現の自由と民主主義が危機に瀕していることが改めて浮き彫りとなった>

[ロンドン発]イスラム教の預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で世界的な論争を巻き起こした英作家サルマン・ラシュディ氏(75)を刺して重傷を負わせたニュージャージー州在住のハディ・マタル被告(24)が17日、米大衆紙ニューヨーク・ポストとの獄中インタビューに応じ、「彼が生き延びたと聞いて驚いた」と話した。

「悪魔の詩」を巡ってはイラン最高指導者ホメイニ師(故人)が1989年「イスラムを冒涜している」とラシュディ氏と出版関係者に「死刑」を命ずるファトワーを宣告。ラシュディ氏は「ジョセフ・アントン」という偽名で警察に保護され、最初の半年に56回引っ越して身を隠したが、イランの「暗殺を支持しない」との公約を受け、2002年に保護は解除された。

黒と白のジャンプスーツと白い布製マスクを着けたマタル被告は「ホメイニ師を尊敬している。偉大な人だ。『悪魔の詩』は2、3ページしか読んでいないが、ユーチューブでラシュディの講演をたくさん視聴した。彼を好きではない。あまりいい人だとは思わない。ああいう不誠実な人は嫌いだ」と語った。

マタル被告はイラン革命防衛隊やイスラム教シーア派過激派を支持していたとみられているが、イラン革命防衛隊との接触は否定し、「冬のある時期にラシュディの訪問を知らせるツイートを見て、講演会場の米シャトークア研究所(ニューヨーク州)に行く気になった」と打ち明けた。犯行前夜は外の芝生で寝て、チケットを買って入場したという。

「ラシュディ氏のいつもの気迫と反抗的なユーモアのセンスは健在」

ラシュディ氏は12日、宗教・社会・政治問題を探求するシャトークア研究所での講演会でマタル被告に首や腹などを少なくとも10回刺された。ラシュディ氏は片目や肝臓を損傷し、片腕の神経が切断される恐れもある重傷を負った。人工呼吸器が外されると、冗談を言ったり、話したりしたという。

ラシュディ氏の家族は「いつもの気迫と反抗的なユーモアのセンスは健在」と言う。イラン最高指導者ハメネイ師は17年に「ファトワーはホメイニ師が出した通り、有効だ」と再確認した。しかし今回、イラン側は「いかなる関係も断固として否定する」とする一方で「表現の自由はラシュディ氏が著作の中で宗教を侮辱することを正当化していない」と強調した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノルドストリームガス漏れ、4カ所目発見=スウェーデ

ワールド

米、太平洋諸島とパートナーシップで合意 巨額援助提

ワールド

米エネルギー業界、景気後退や供給不足長期化を懸念=

ワールド

インドネシアGDP、第3四半期は5.4─6%増の予

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中