コラム

戦争ですり潰される若者たちの命...ウクライナの最前線で散った24歳の「英雄」

2022年06月21日(火)17時17分
キーウでの弊誌の公葬

独立広場で営まれた24歳の戦死者の棺に弔花を手向ける市民(筆者撮影)

<最前線で犠牲になった24歳の男性の公葬では、キーウ市長が「彼のような人物は民主的なウクライナの未来」と表現。戦争の長期化とともに、その未来が失われつつある>

[キーウ発]ロシアとの戦争はどこまで泥沼化するのか。2014年、親露派ビクトル・ヤヌコビッチ大統領(当時)を失脚させた「マイダン革命」の舞台となったキーウのウクライナ独立記念碑前で6月18日昼、最前線で犠牲になったロマン・ラトゥシニ氏(24)の公葬が営まれた。ウクライナ国旗をまとった若者ら数百人が集まり、棺に弔花を手向けた。

これに先立つ礼拝で、キーウのビタリ・クリチコ市長は「友よ。キーウとウクライナにとって悲しい日だ。今日、私たちは祖国の英雄に別れを告げなければならない。ロマン・ラトゥシニ、若くて賢くて行動の人。名誉と原則の人。それが私の知る彼だ。ウクライナは君のことを忘れない」と、そっと棺の上に手を置いた。クリチコ氏は元ボクシング世界ヘビー級王者として知られる。

「彼は勇敢で、誰も恐れなかった。脅されても隠れることはなかった。ロマンはロシアの大規模な侵略からウクライナを守るため最初から最前線に向かった。出陣の前に市庁舎に立ち寄ってくれた時、私たちは彼のアイデアを話し合い、計画を立てた。ロマンが死んだとは信じられなかった。キーウにとっても、祖国にとっても大きな損失だ」

220621kmr_uyc02.jpg

戦死したロマン・ラトゥシニ氏の遺影(筆者撮影)

「ロマン・ラトゥシニのような人は強くて民主的なウクライナの未来だ。ロマンの名はキーウの通りに刻まれるだろう。キーウの緑地帯を守るという彼のアイデアは生き残る。ロマンの夢は実現する。キーウのプロタシフ・ヤールは緑豊かな地区のまま残される。ロマンの明るい思い出。彼は本当の戦士だった」

「ウクライナは欧州だ」立ち上がった若者たち

ロマンは6月9日、ウクライナ北東部ハルキウ州イジュム付近で戦死した。ロマンが始めた環境保護団体「プロタシフ・ヤールを守れ」は「ロマンはわれわれの最高の存在だ。どんな闘いでも先頭を走り、決して恐れを見せない勇敢な男だった。彼は最後の戦いで、戦闘集団の一員として偵察パトロール中に死亡した」とフェイスブックに投稿した。

ロマン(手前)の6月7日のツイート


7月5日に25歳の誕生日を迎えるはずだった。2013年11月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の意を汲んで欧州連合(EU)との連合協定への署名を拒否したヤヌコビッチ氏に抗議するデモに大学1年生、16歳だったロマンは参加した。ソ連崩壊後に生まれ、共産主義の恐怖支配を全く知らない若者たちは「ウクライナは欧州だ」と声を上げた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マクロン仏大統領、7月初めの政権刷新目指す

ワールド

ブラジルのボルソナロ氏、元国防相を副大統領候補に起

ワールド

英仏首脳が会談、ウクライナへの追加支援を確認 

ワールド

焦点:米民主党、中絶巡る最高裁判断を中間選挙争点に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中